生理 が 早まる 理由。 生理が遅れる理由と対策|elis(エリス)クリニック

卵胞刺激ホルモン FSH や黄体化ホルモン LH がうまく働かなければ、正常な排卵はできず、無排卵の状態で生理だけが起こるのです。

20

正常な生理の場合 生理周期 25~38日 生理予定日からのずれ 前後1週間以内 出血持続日数 3~7日 経血量 50~120cc 経血の色 赤~暗めの赤 生理後半にかけて暗くなることが多い 経血の状態 ややドロドロしており、血の塊が混ざっていない 生理には個人差がありますが、生理周期や経血の状態が正常なものより大きく異なるという場合には注意が必要です。

16

このように、卵胞刺激ホルモン FSH や黄体化ホルモン LH 、卵胞ホルモン エストロゲン 、黄体ホルモン プロゲステロン が複雑に絡みあいながら、排卵が行われています。 色は赤色で、紫色の塊がある ・生理痛がある ・胸や下腹部が張り痛む ・怒りっぽくイライラする ・口の中が苦い、喉が乾く 【原因】 ・繊細で神経が敏感すぎ、考えるすぎることで精神が疲弊してしまっている ・長期的にストレスがかかっている ・辛い味が好きで香辛料を過剰に摂取している ・ストレスをためこみゃすく、怒っても内面に溜め込みクヨクヨすることが多い ・他の病気等が原因で肝の気血をめぐらせる働きが阻害されている 【対策】 ・リラックスしてイライラしないように心がけましょう。

【症状と特徴】 ・経血はねばつき濃い赤色または赤紫色 ・胸が張って苦しい ・イライラする ・顔色は赤い ・口が乾き、冷たいものが欲しくなる。 よく水分を飲む ・便が固く便秘気味 【原因】 ・情緒不安定ですぐイライラしてしまい、血に熱がこもるため ・慢性的な過労や緊張で血圧が高くなり血に熱がこもるため ・お酒や油っこいもの、濃厚な味のものを摂りすぎてしまい血分が熱くなるため ・唐辛子などの香辛料の摂りすぎにより血に熱がこもり血圧が高くなっている ・偏食や不摂生のため 【対策】 ・イライラする、怒ると体内の熱が更に高まりダメージを与えてしまうのでリラックスし平常心を心がけましょう ・リラックスのために、ゆったりと散歩をすることも効果的です ・高カロリーなものや栄養価の高いものは熱をより高めることがあるので、野菜中心の食生活、腹八分目の食事を心がけましょう。 【症状と特徴】 ・生理がくるのが早く、量が多く色は薄くサラサラ ・体がだるく、力が入らない ・動悸がし息苦しい ・食欲がない ・下腹部に痛みがあり、温めると楽になる 【原因】 ・体が弱い ・長期的な過労、慢性的な栄養不足 ・冷たいものや寒性食材により胃腸が冷え消化吸収力が落ちている ・偏食、不摂生 ・睡眠不足 【対策】 ・胃腸の機能回復のため、毎朝散歩をしましょう ・仕事中は適度に休憩をとり、気を消耗しすぎないようにしましょう ・早めに就寝し、たっぷり睡眠をとりましょう ・消化しやすい食事をし、栄養を補給しましょう ・冷たいものや夏野菜などの寒性食材は避けましょう ・生理期間は特に気や血を消耗します。

11

4

。 。

。 。

11