手 の ツボ。 不調スッキリ!手&足ツボでセルフケア

承間(しょうかん) 【効果】 腰痛、坐骨神経痛、足の痛み・疲れ・しびれ・麻痺・むくみ、こむら返り、アキレス腱炎、痔、便秘、花粉症、腎臓・膀胱の働きを助ける、など 【位置】 膝裏の中心と足首を結んだライン上で、承筋と承山のほぼ中間に位置する 【押し方】 手の平でふくらはぎを支えるようなイメージで両手の中指の腹をツボに重ねるか、脛(すね)をつかむようなイメージで両手の親指の腹をツボに重ね、ゆっくりと押し揉みします。 心臓(しんぞう) 【効果】 血行促進、むくみ、循環器系の異常、など 【位置】 左足の中指と薬指の間から、踵(かかと)に向かって5cmほど下がったところ 【押し方】 親指の腹をツボに当て、息を吐きながらやや強めに押します。

7

【築賓 の場所と押し方(動画)】 少衝(しょうしょう) 【効果】 下半身のむくみ、ストレス、精神疲労、ヒステリー、不眠、神経性胃炎、動悸、など 【位置】 手の小指の先。

9

痛気持ち良い程度の力加減で、 3回~ 5回押す ツボ強く押しすぎると、筋肉組織を傷つけてしまう可能性があるため、 「痛気持ち良い」と思うくらいの力加減で押して下さい。 足心(そくしん) 【効果】 腎臓の働きを助ける、むくみ、食欲不振、胸やけ、自律神経失調症、低血圧、など 【位置】 足裏の真ん中あたり。

振る・ゆらす・・・消化器系の機能改善、精神のリラックス、腱 けん や靭帯 じんたい を柔軟にする効果があると言われています。 。 Sponsored Links ツボの刺激方法とコツ ツボ刺激の7つの方法 ツボを刺激するときの方法には、大きく分けて次の7つがあります。

承山(しょうざん) 【効果】 腰痛、坐骨神経痛、足の痛み・疲れ・しびれ・麻痺・むくみ、こむら返り、アキレス腱炎、痔、便秘、花粉症、腎臓・膀胱の働きを助ける、など 【位置】 膝裏の中心と足首を結んだライン上で、ふくらはぎの膨らみはじめ。

14

。 。

。 。 。