恋 あ た 小説。 今読みたい!ちょい官能的な芥川賞&直木賞作家の小説5選【恋占ニュース】

私は眼が 眩 ( くら )みそうになりました。 この店には自慢の 腸詰 ( ソーセージ )がありますよ。

2

それは私共の一隊にとっては実に刻一刻と 生命 ( いのち )を切り縮められるほどの苦心と労力を要する旅行でしたけれども、幸いに一度も赤軍に発見されないで、出発してから十四日目の正午頃に、やっとドウスゴイの寺院の 尖塔 ( せんとう )が見える処まで来ました。 あなたに 蔑 ( さげ )すまれるかも知れませんけど……こんなお話に嘘を交ぜると、何もかもわからなくなりますから正直に告白しますが……。 すると、そのうちに、こうして 藻掻 ( もが )いている私のすぐ背後で、誰だかわかりませんが 微 ( かす )かに、 歎 ( た )め 息 ( いき )をしたような気はいが感ぜられました。

20

それが果して生きた人間のため息だったかどうかわかりませんが、私は、何がなしにハッとして飛び上るように 背後 ( うしろ )をふり向きますと、そこの 一際 ( ひときわ )大きな樹の幹に、リヤトニコフの屍体が引っかかって、 赤茶気 ( あかちゃけ )た枯れ葉の 焔 ( ほのお )にユラユラと照らされているのです。 あなたがあの兵站部の門を出て、このスウェツランスカヤへ買い物にお 出 ( い )でになるお姿を拝見するたんびに、これはきっと日本でも身分のあるお方が、軍人になっておられるのだな……と直感しましたのです。

5

……この 露西亜 ( ロシア )には近いうちに革命が起って、私たちの運命を 葬 ( ほうむ )るようなことに成るかも知れぬ。 著者 ジェイン・オースティン 出版日 2010-11-12 サー・トマスの厳格さや、意地悪な叔母などの圧力を長年耐えながらも、優しく謙遜に育ったファニーが幸せをつかむまでのストーリーです。

8

その国情というのはあらかた御存じでもありましょうし、この話の筋に必要でもありませんから略しますが、要するに、その当時のスラヴ民族は、上も下も一斉に、 皇儲 ( こうちょ )の御誕生を渇望しておりましたので、甚しきに到っては、ビクトリア女皇の 皇女 ( おうじょ )である皇后陛下の周囲に、 独逸 ( ドイツ )の 賄賂 ( まいない )を受けている者が居る。 本記事で紹介したおすすめの小説を一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください! 注目ポイント 命僅かな男の決断を描く物語 祖母との美しく忘れられない魔女修行 愛と信仰に貫かれた青年の生涯を描く すべてが、伏線。 ……ですから、僕はもう……何の望みも無くなって……あなたにお話ししようと思っても、 生憎 ( あいにく )勤務に行って……いらっしゃらないし……」 と云ううちに涙を一パイに溜めてサックの 蓋 ( ふた )を閉じながら、うなだれてしまったのです。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 映画版も人気の、ファンタジックなラブ・ストーリー 七月隆文さん『』 あらすじ 京都の美大に通う「ぼく」は、ある少女に一目惚れしてしまう。

20

……この森には昔、 砦 ( とりで )か、お寺か、何かがあったらしく、 処々 ( ところどころ )に四角い、大きな切石が横たわっていること。 恋 著者 発行日 1995年10月 発行元 言語 形態 ページ数 355 コード () [ ] 『 恋』(こい)は、によるの、およびそれを原作とする。

20

これでこそ乞食みたようになって、人々の冷笑を浴びつつ、この浦塩の町をさまよい歩いた 甲斐 ( かい )がありました。 その手前の一露里ばかりと思われる向うには、コンモリとしたまん丸い 濶葉樹 ( かつようじゅ )の森林が、ちょうどクライフスキーの町の離れ島のようになって、 草原 ( くさはら )のまん中に浮き出しておりました。

13

そうして、その肉体は明らかに「強制的の結婚」によって 蹂躙 ( じゅうりん )されていることが、その唇を隈取っている 猿轡 ( さるぐつわ )の 瘢痕 ( あと )でも察しられるのでした。 テレビドラマ [ ] 12月16日にで『』特別企画として21:00 - 23:09()に放送された。 TBSチャンネル - 2013年9月22日閲覧 2013年9月26日, at the. 手早く申しますと私は、事情の 奈何 ( いかん )に拘わらず、その宝石が欲しくてたまらなくなったのです。

18

ちなみにアンケートの回答者の内訳は、女性が約7割、男性が約3割と女性の割合が多く、年代別では30代 181名 、次いで20代 165名 の割合が多く、20代~30代が全体の約7割を占めていました。

出版社 KADOKAWA カドカワ サイズ W10. 実は私は、それまで弱虫と見られていて、そんな任務の時にはいつでも後廻しにされていたので、今度も都合よく司令部の勤務に廻わされていましたから、 占 ( し )めたと思って内心喜んでいたのですが、思いもかけぬ因縁に引かされて、自分から進んで行くようなことになりましたので……というのは、こんな訳です。

12