五千回の生死。 authoring.azure.worksafebc.com: 五千回の生死 (æ

Posted by ブクログ 2011年01月09日 今から20年以上前に書かれた、昭和時代の宮本輝さんの短編集。 復讐 3人の悪ガキが 高校時代にいじめた先生を どう懲らしめるか を考え実行した話。

これが、元気を取り戻すこつですなァ ぼくも、それから二、三日は、たまらなく悔しくて、あの頭の空っぽな体操教師に死ぬほどの屈辱を舐めさせてやりたい 彼が卑しければ卑しいほど、ぼくの美しさを賞でる言葉で、ぼくはどれほど弛緩したことか 人生を捨てたような顔をして道に目を落としている魚売り 五千回の生死(宮本輝) 感想 宮本輝さんらしい、昭和の匂いがたっぷり詰まった短編集でした。

9

みとるものや 親戚もなく 知り合いもなく 死ん だオトコ。

。 。

6

。 。 。

。 。 。

。 。 。

3

。 。

8

14