空手 発祥 の 国。 空手発祥の地に「沖縄空手会館」がオープン 3月4日の落成記念式典には翁長知事らも臨席

また、学連ルールを「寸止 すんど め空手」(相手の身体に触れる寸前で攻撃を止め、深いダメージを与えずに行う空手)とし、「直接打撃制(フルコンタクト制)の競技ルール」を標榜 ひょうぼう する極真会館が独自の大会を開催し人気を集めることもあった。

4

安里安恒(あさと あんこう)の弟子、船越 義珍(ふなこし ぎちん) 松村宗昆(まつむら そうこん)のもう一人の弟子、安里安恒(あさと あんこう)は18歳の頃、首里手の大家・松村宗棍に入門したと言われています。 安藤嘉浩 朝日新聞記者 / 2007年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について 「空手」の解説. 初段から - 廣開(クワンゲ)、圃隠(ポウン)、階伯(ケベク)、義菴(ウィアム)、忠壮(チュンジャン)、主体(チュチェ)、三一(サミル)、庾信(ユシン)、崔瑩(チェヨン)、淵蓋(ヨンゲ)、乙支(ウルチ)、文武(ムンム)、西山(ソサン)、世宗(セジョン)、統一(トンイル) 選手・指導者 [ ] WTの選手・指導者 [ ]• 空手の流派と競技形式 [ ] 歴史 [ ] に統一されている柔道とは異なり、空手道には無数の流派が乱立し、流派によって教える型や鍛練法、試合ルールも全く異なる。 首里や久米 くめ の武士階級に加え、那覇 なは や泊 とまり の人々にも唐手は広まっていた。

空手の四大流派 剛柔流(ごうじゅうりゅう) 糸東流(しとうりゅう) 流祖 宮城長順 (みやぎ・ちょうじゅん) 摩文仁賢和 (まぶに・けんわ) 特徴 接近戦を想定した技と独自の呼吸法が特徴。

9

戦後(本土) [ ] 武道禁止令と活動再開 [ ] 占領期に(GHQ)の指令によって、から出された「柔道、剣道等の武道を禁止する通達」のため、空手道の活動は一時、停滞した。 全空連は四大流派をそれぞれ統括する ()、 ()、 ()、 ()、 ()、それ以外の諸派を統括する 、であり諸派を統括する の6つの協力団体を中心に、「日本の空手道に統一的な秩序をもたらす」ことを目的として結成された。

10

中国拳法が源流となるのでは、といわれるのは、明 みん 国(中国)との冊封 さくほう 関係により中国の文物が入琉し始めた時代に、「三十六姓帰化人(中国人の帰化集団)による伝播 でんぱ 」「武官の交流による伝播」などにより、中国武術が文化の一つとして伝わったのでは、という説による。 。 宮城は京都の立命館 りつめいかん 大学、同志社 どうししゃ 大学、摩文仁は関西大学など大阪の大学を中心に指導を重ねていく。

15

全国組織と競技空手の誕生 [ ] の試合風景(世界空手道選手権大会) 空手道の化(試合化)は戦前から試みられていたが、試合化そのものを否定する考えもあり、組織的な競技化は実現していなかった。 競技者が相手に押されたり、投げられたりした場合は除く)、 3 自ら負傷を受けやすいような行動をとること、 4 自己防衛ができなかった場合(無防備)、 5 逃げること(相手に得点を取られないよう攻撃をしない場合)、 6 相手に攻撃をしかけることなく、相手をつかみ投げようとすること、または倒そうとすること、 7 つかんだまま何度も不十分な攻撃を繰り返すこと、 8 攻撃技をしかけることなく、単なる不必要な組み合い、レスリング、押し合い、つかみあいをすること(たとえば、相手の攻撃を妨げるクリンチは罰則の対象となる)、 9 相手の安全を損なう技、 10 危険でコントロールされていない攻撃、 11 頭部、肘 ひじ 、膝 ひざ での攻撃、 12 主審の命令に従わないこと、 13 相手選手に話しかけること、 14 相手選手を刺激するような言動・態度をすること、 15 一定の時間お互いに攻撃をしないで見合っているような場合(不活動)。

松濤館流(しょうとうかんりゅう) 和道流(わどうりゅう) 流祖 船越義珍 (ふなこし・ぎちん) 大塚博紀 (おおつか・ひろのり) 特徴 ダイナミックで直線的な動きが特徴。

4

首里手・泊手系の各流派に伝わる 基本型(三〜五) (仲里周五郎) ウンスー(雲手) 本部朝勇、摩文仁賢和 新垣派の型。 廃藩置県後 [ ] 唐手(からて)の公開(明治時代) [ ] 元来、琉球士族の間で密かに伝えられてきた唐手であるが、12年()、により琉球王国が滅亡すると、唐手も失伝の危機を迎えた。 『』(英題「When Taekwondo Strikes」、漢題「跆拳震九州」) - 公開の。

2

JKF(当時はJKFの前身であるThe Federation of All Japan Karatedo Organization:FAJKO)と図って、1970年に世界空手道連合World Union of Karatedo Organizations(WUKO ウーコ )を発足させ、第1回の世界選手権大会を東京で開催した。

松村宗昆(まつむら そうこん)には何人かの弟子がいましたが、その中に 糸洲安恒(いとす あんこう)、 安里安恒(あさと あんこう)という人物がいました。 沖縄空手家の 本部朝基の、 「(支那拳法が)琉球在来の武術と合し、取捨選択洗練の結果、唐手として隆々発達を遂げた」 沖縄空手家で剛柔流派の開祖でもある 宮城長順の 「外来の拳法が在来の『手』と合流して異常の発達を遂げ」 この2つの説も 「手」に中国武術の影響を受けて唐手へと発展したとする説と共通しています。

12