虹 の 橋 を 渡る。 虹の橋『 第1部 』を読んで。虹の橋を渡るという表現は違う?

ウィリアム・ブリトン: 『虹の橋の伝説』(原題: Legend of Rainbow Bridge、1994年)の著者であるウィリアム・N・ブリトン(William N. どんなに表現を変えようが、死んだ事実は変わらないのであって、死を遠回しに表現して逃避して死と向き合わないのは、死者に対して不敬だと思うんだけどなあ…と、思ったり… — Yutaka matoi urd もしもペットが亡くなるときが来たら 生きて死ぬことの険しさ、尊さをすべて受け入れて せめて私が一生抱えてあげたいと思う。 But one day, as they run and play, they notice someone standing by the road to the bridge. 「Rainbows Bridge Poem(虹の橋)」 Just this side of heaven is a place called Rainbow Bridge.。 When an animal dies that has been especially close to someone here, that pet goes to Rainbow Bridge. There is always food and water and warm spring weather. There are meadows and hills for all of our special friends so they can run and play together. There are meadows and hills for all of our special friends so they can run and play together. 最後に、きれいにして頂いて帰宅 皆様、あきを可愛いがって下さって ありがとうございました あき、ありがとう 大好き. あの子が いたずらっこで元気なころの姿で 前の2匹とも一緒に楽しく 待っていてくれると思うと あたたかいエネルギーを感じます。

10

There is plenty of food, water and sunshine, and our friends are warm and comfortable. Then you cross the Rainbow Bridge together... Standing there alone, one of the unloved pets approaches, curious as to why this one is alone. Those who were hurt or maimed are made whole and strong again, just as we remember them in our dreams of days and times gone by. The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head, and you look once more into those trusting eyes, so long gone from your life, but never absent from your heart. あの子がいなければ乗り越えられなかった! 主人が良くなるのと入れ替わるように 持病の腎不全と心不全が悪化して 最後は 家のベッドでみなで見守って 亡くなりました。

13

Amazon Bestseller: 332,554 in Kindle Store• His bright eyes are intent. These pets were beaten, starved, tortured, and unloved. 先生の顔、あきの様子を見て険しくなった で一言 「沢山待たれてる方いるけど、この子最優先」 それは、命の危険有りって事だよね でも、一命取り留めると思ってたよ で、朝まで入院処置 退院時の一言は、絶望 「日中持つか」 退院後は、掛かり付けへと言われたので、そのまま直行 待たれてる方いるけど あき、やはり最優先。

You have been spotted, and when you and your special friend finally meet, you cling together in joyous reunion, never to be parted again. They all run and play together, but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance. ・マスク着用 ・店内に入って頂くお客様はお1人様だけ ・入店、退店時に手指の消毒(消毒液を用意しております) ・発熱・体調不良などがある場合のご来店はご遠慮下さいませ これからも、全てのお客様にご満足頂けるよう、精一杯頑張りますので、ボブテイルシュウ東京をよろしくお願い致します。

For them there is no one, no special one. The happy kisses rain upon your face,your hands again caress the beloved head, and you look once more into the trusting eyes of your pet, so long gone from your life but never absent from your heart. When an animal dies that has been especially close to someone here, that pet goes to Rainbow Bridge. You have been spotted, and when you and your special friend finally meet, you cling together in joyous reunion, never to be parted again. Then you cross Rainbow Bridge together…. 「rainy area 雨降り地区」 「rainy area 雨降り地区」 こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている「虹の橋」の入り口に 「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。 Some of them here by the Bridge are different. Wallace Sife)は、ウェブ・ページに詩作品『ペットはすべて天国に還る』(原題: All Pets Go to Heaven)を発表し、また著書『ペットを亡くすこと』(原題: The Loss of a Pet)で作品を記した。 。

4

12

。 。 。

14

。 。 。

19

。 。 。

1

。 。 。

4

。 。 。

1