ピル エストロゲン。 ピルの効用と副作用について

後発品 ジェネリック とは、先発品 この場合はトリキュラー の特許が切れた後に作られた薬で、先発品とお薬の成分は同じです。 第三世代 1相性 マーベロン28 黄体ホルモンとして第三世代のデソゲストレル DSG が使われているのが特徴です。

17

。 第一世代はノルエチステロン NET 、第二世代はレボノルゲストレル LNG 、第三世代はデソゲストレル DSG という薬がそれぞれ黄体ホルモンとして入っています。 低用量ピルとは 低用量ピルは、卵胞ホルモン エストロゲン と黄体ホルモン プロゲステロン とよばれる2種類の女性ホルモンの配合剤であり、21日間あるいは28日間連続で内服することで1サイクル(1シート となります。

7

。 。

2

。 。

2

。 。

7

。 。 。

7

11

13

。 。 。

17

。 。 。

5