余 の 顔 を 見 忘れ たか。 余 の 顔 を 見 忘れ たか

吉宗「余の顔見忘れたか」彡 ゚ ゚ アカン上様や… そこまでばれているのなら• open "GET", convolverurl, true ; request2. A 「上様がこのような所に来られるはずがない」 B 「上様の名を騙る不届き者だ」 C 「上様でも構わぬ」 D 「上様、お手向かい致しますぞ」 E 「上様、お命頂戴致します」 F 「ここで死ねばただの徳田新之助」 G 「悪党らしく死に花を咲かせてくれるわ」 H 「飛んで火に入る夏の虫」 I 「我ら幕臣あっての上様ではないか」 J 「八代将軍もこれで終わりぞ」 K 「もはやこれまで」 L 「笑止千万」 M 「吉宗の首を我が殿、宗春公に差し出せ」 N 「上様の顔を忘れた」 O 「もはや上様の命に従う必要はない」 P 「腹を切るのは拙者ではなく、上様である」 Q 「どうせ上様には死んで頂くつもりでした 覚悟なされ」 R 「御役御免で一度は死んだ身」 S 「そこまでばれているのなら、毒を食うは皿まで」 T 「何をほざくか吉宗。

1

' ; createDownloadLink ; recorder. com' are trademarks of A Red Ventures Company. open "GET", convolverurl, true ; request2. destination ; audioplay ; console. A 「上様がこのような所に来られるはずがない」 B 「上様の名を騙る不届き者だ」 C 「上様でも構わぬ」 D 「上様、お手向かい致しますぞ」 E 「上様、お命頂戴致します」 F 「ここで死ねばただの徳田新之助」 G 「悪党らしく死に花を咲かせてくれるわ」 H 「飛んで火に入る夏の虫」 I 「我ら幕臣あっての上様ではないか」 J 「八代将軍もこれで終わりぞ」 K 「もはやこれまで」 L 「笑止千万」 M 「吉宗の首を我が殿、宗春公に差し出せ」 N 「上様の顔を忘れた」 O 「もはや上様の命に従う必要はない」 P 「腹を切るのは拙者ではなく、上様である」 Q 「どうせ上様には死んで頂くつもりでした 覚悟なされ」 R 「御役御免で一度は死んだ身」 S 「そこまでばれているのなら、毒を食うは皿まで」 T 「何をほざくか吉宗。 log "--convolver ------------------------------------------------------------------------" ; delay. 754336330 そうだねx5 K 「もはやこれまで」 L 「笑止千万」 M 「吉宗の首を我が殿、宗春公に差し出せ」 N 「上様の顔を忘れた」 O 「もはや上様の命に従う必要はない」 P 「腹を切るのは拙者ではなく、上様である」 Q 「どうせ上様には死んで頂くつもりでした 覚悟なされ」 R 「御役御免で一度は死んだ身」 S 「そこまでばれているのなら、毒を食うは皿まで」 T 「何をほざくか吉宗。 大人になったら 忘れてしまうであろうエピソードでしょうが、 そういうのっていうのも 家族の思い出でしょうし、 御ったく(冠婚葬祭)で集まった時に 会話の彩りとなるでしょうねぇ。

13

com' are trademarks of A Red Ventures Company. com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', and 'CNET News. ' ; createDownloadLink ; recorder. 'CNET', 'ZDNet' 'TechRepublic' and 'CNET News. The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company. 'CNET', 'ZDNet' 'TechRepublic' and 'CNET News. まさか上様!」と店員さんが乗ってくれれば100点 少し間を空けて、震えながら「上様とてお支払い頂きますぞ!」と続けてくれれば更に100点 他のお客さんに迷惑が掛かるから「ええぃ、出合え!出合え!」と他の店員さんを呼ぶ所まではしなくて十分 脳内にテーマ曲が流れる中「清算!」と宣言すると、小走りのお庭番が支払い代行してくれるの こんな楽しいお会計なら、心もとない財布の中からも気持ち良くお金をだせるのに と、二日酔いの中妄想に浸る吉宗 お小遣い制 であった. log 'Your audio has finished playing' ; mediaRecorder. log "--convolver ------------------------------------------------------------------------" ; delay. A 「上様がこのような所に来られるはずがない」 B 「上様の名を騙る不届き者だ」 C 「上様でも構わぬ」 D 「上様、お手向かい致しますぞ」 E 「上様、お命頂戴致します」 F 「ここで死ねばただの徳田新之助」 G 「悪党らしく死に花を咲かせてくれるわ」 H 「飛んで火に入る夏の虫」 I 「我ら幕臣あっての上様ではないか」 J 「八代将軍もこれで終わりぞ」 K 「もはやこれまで」 L 「笑止千万」 M 「吉宗の首を我が殿、宗春公に差し出せ」 N 「上様の顔を忘れた」 O 「もはや上様の命に従う必要はない」 P 「腹を切るのは拙者ではなく、上様である」 Q 「どうせ上様には死んで頂くつもりでした 覚悟なされ」 R 「御役御免で一度は死んだ身」 S 「そこまでばれているのなら、毒を食うは皿まで」 T 「何をほざくか吉宗。 。

3

。 。 。

15

。 。

12

6

。 。 。

6