読書 感想 文 題名 書き方。 【意外と知らない】読書感想文での数字の書き方

・どんな本や作品を選んだらよいかわからない ・そもそも何を書けばよいかわからない ・あらすじばかりの文章になってしまう ・文章のまとめ方がわからない ・書き始めや、終わり方がわからない このような状態から抜け出すためには、まず感想文を書くまでのプロセスを4つに分解することが必要です。 二ケタの数字であれば、一マスに二文字で書く 例えば、 23 日 56 歳 というような書き方です。 第一段落 「なんでこの本を読みたいと思ったの?」 第一段落では、あなた(読書感想文を書く生徒さん)のことを正直に教えてください! 「普段読書はしないけど、読書していることにしよう、、」などとウソを書く必要は全くありません!! 第二段落 あらすじ「どんなお話なの?」 第二段落ではあらすじを書きます。

3

三ケタ以上の数字であれば、一マスに一文字入れて書く 例えば、 1 0 0 回 目 2 0 1 6 年 このように書く書き方です。 読書感想文で使われるのは「 」『 』( )くらいで、基本的にそれ以外の【 】〈 〉などの括弧や記号は使いません。 「小学校の入賞作品の題名 タイトル 例」 読書感想文で高い評価が与えられる作品というのは、 その人のしっかりしたメッセージが書かれていると言えます。

1

・大切な忘れ物がわかったよ ・えっちゃんから教わったこと ・戦争はやめて ・がんばるということ ・メロスがわたしに教えてくれたこと ・勇気と思いやり ・前に向かって ・正直でいるということは ・悲しみと向き合う ・強さより大切なこと ・決してうらぎらない心 ・言葉をこえて伝わる心 「中学校の入賞作品の題名 タイトル 例」 中学生になると小学生の時よりずいぶん大人になった気がするものです。

16

小学1・2年生 第三、四段落 「気になったところはどこ?」 小学3〜6年生 第三〜五段落 「気になったところはどこ?」 中学生・高校生 第三〜六段落 「気になったところはどこ?」 学年により段落数は違いますが、最初に付せんを貼った箇所を順番に書いていけば「出来事」は完了します! 「出来事」のコツは第二段落と同じく、付箋をはったシーンに応じて取材をすることです。 記入した部分 をそのまま書きましょう! 氏名等の書き忘れや段落の変え忘れに注意! これで完成です!! 学年別! ワンランクアップする読書感想文の書き方 【小学校高学年】慣用句や諺を使ってみよう 慣用句も諺も一種の比喩表現です。 <本に関する情報> ・この本を選んだ理由 ・本を読む前の印象 ・本の内容 <心を動かされた内容> ・本を読んで新しく知ったこと、気づいたこと ・感動したところや印象に残った場面とその理由 ・疑問に思ったところとその理由 ・好きな登場人物や場面とその理由 ・嫌いな登場人物や場面とその理由 <本を読んだあとの感想や意見> ・本を読んだあと、どう思ったか ・本を読んで、自分の考えが変わったと思うところ <さらに深く掘り下げるために> ・同じような経験をしたことがあると感じたところはあるか。

12

最も印象に残ったことを題名にする 例えば、 「恵美」は私だった 私にできることをやろう などです。 その本を読んで思ったことを表現する 例えば、 人生最高の1冊となった「ハチドリのひとしずく」 「ボタンちゃん」なんて嫌いだ などになります。 このように本のタイトルや登場人物を題名に入れる場合は 《『走れメロス』を読んで》 《『メロス』は愚か者だ》 という風にして かぎかっこを使うようにしましょう。

2

起 = 自分がその本を選んだ理由・読んだ感想を簡単に書く 承 = その本の簡単なあらすじ・自分が感動したポイントを書く 転 = なぜ感動したのかを説明していく。 タイトル例 ・私が乙武さんだったら ・僕はサリンジャーに出会い、人生が変わった ・太宰治は「人間失格」か 読書感想文のタイトル 書く場所はどこ? 原稿用紙で「読書感想文の題名を書く場所」ですが、上の画像のように「最初の行に上を2~3マス開けて」書けばOKですよ。

9

特殊な体験がなくても大丈夫!読書感想文に作り話を書かなくても、表現を工夫すれば上手な文章が書けます! 読書感想文の本と出会ったきっかけの書き方をわかりやすく解説!参考になる例文集も! 文字数が足りない!そんなときのための読書感想文のかんたん文字数稼ぎテクニックをお教えします! 「はじめ なか おわり」のことをよく知って、上手な読書感想文を書こう! 読書感想文を書くうえで本選びはとっても重要。 ・「知らない」ということ ・同じ人間として ・優しい言葉 ・普通の人間とコンビニ人間 ・言葉と共に ・命の重さ ・マララから学んだ勉強する意味 ・「十字架」を背負って 「大学生の入賞作品の題名 タイトル 例」 大学生は、もう完全に大人の扱いです。 その本のテーマで題名を書く 例としては ・「友情」がテーマの場合 友だちの大切さ いじめをなくすには ・「出会い」「感謝」がテーマの場合 私が「ありがとう」と伝えたい人 私の人生を変えた人 ・「夢」がテーマの場合 私の夢 夢をあきらめないで いかがですか。

19

子「何書いたらいいの~?」 親「・・・読書感想文なんだから、本を読んだ感想を書くんだよ」 「本読んでどう思った?」 子「え、面白かった」 親「・・・・・・・」 我が家で毎回繰り返されてきた会話です。 【友情がテーマ】 ・友達の大切さ ・いじめを無くすにはどうしたらいいだろう ・仲間がいたからできた事 ・親友とケンカした時 【人との出会いや感謝がテーマ】 ・私が感謝を伝えたい人 ・魔法の言葉「ありがとう」 ・私の人生を変えてくれた人 ・もし「あの人」に出会わなかったら 【夢やあきらめない心がテーマ】 ・夢をあきらめない心 ・目指せ!インターハイ! ・僕は将来、サッカー選手になりたい ・私の夢は何だろう ・自分らしく生きる 【戦争がテーマ】 ・8月6日を繰り返さないために ・黒い雨を忘れるな ・世界平和は本当に実現できるだろうか ・戦争の悲惨さ、平和の尊さ このようなタイトルを付けた場合には、本文で「読んだ本」について簡単に紹介しましょう。 最後に今回の記事の内容をまとめると 読書感想文の題名は1行目の上3マス空けて、4マス目から書く 名前は2行目に書く(一番下のマス、苗字と名前の間のマス、の2か所を空ける) 学校名を書く場合は苗字の上に1マス空けて書く 本文の書き出しは3行目からで、最初の1マスは空ける 読書感想文の題名で本のタイトル名や登場人物を出す場合はかぎかっこを使う 以上になります! 読書感想文を書くのは大変かと思いますが、自分の言葉で自由に感じたことを表現できるのは楽しいものです。

13

事件の結末(最終的に主人公はどうなったのか) の3つです!! 自分が探偵になった気分で楽しく取材してみてくださいね! 第三段落以降 出来事「気になったところはどこ?」 ここの段落では、先ほどの付せんを貼ったところについて書いていきます。 ・読書感想文で読む本の選び方がわからない ・何を書けばいいのかわからない ・書く内容を整理できない ・文章の構成を作れない ・文章量の調整ができない ・原稿用紙の使い方がわからない ・良い感想文がどのようなものかわからない 読書感想文に取りかかるところから書き終えるまでのあらゆるプロセスで、子どもたちを悩ませる壁が存在していることがわかります。 特殊な体験がなくても大丈夫!読書感想文に作り話を書かなくても、表現を工夫すれば上手な文章が書けます! 読書感想文の本と出会ったきっかけの書き方をわかりやすく解説!参考になる例文集も! 文字数が足りない!そんなときのための読書感想文のかんたん文字数稼ぎテクニックをお教えします! 「はじめ なか おわり」のことをよく知って、上手な読書感想文を書こう! 読書感想文を書くうえで本選びはとっても重要。

。 。 。

2

。 。 。

17