法定 相続 人。 法定相続分とは。相続人の組み合わせパターン別の計算方法

第一順位 被相続人の子 第一順位の人が相続の開始以前に死亡していたときや欠格・廃除により相続権を失ったとき 相続人になれなかったとき は、 その人の子がこれを代襲して相続人となります。 ロ 配偶者と直系尊属が相続人である場合 配偶者2/3 直系尊属 2人以上のときは全員で 1/3• 法定相続人の人数 基礎控除額 1人 3,600万円 2人 4,200万円 3人 4,800万円 4人 5,400万円 5人 6,000万円 6人 6,600万円 7人 7,200万円 8人 7,800万円 9人 8,400万円 10人 9,000万円 法定相続分で遺産を分割した場合 法定相続人が複数いた場合、一定の基準がなければ相続財産の配分について恐れが生じる場合があります。 被相続人の子供が2人以上いて、その内の1人が亡くなっており、その亡くなっている子供に子供 被相続人から見た孫 がいる場合 被相続人の子供が亡くなっており、その子供に子供 被相続人からみて孫 がいた場合、代襲相続権があります。

被相続人の兄弟姉妹 …… 第三順位 配偶者は常に相続人となりますが、子や直系尊属 父母、祖父母等 、兄弟姉妹には順位が付されています。 配偶者と子がいる場合 原則 配偶者は2分の1、 子3人は子の相続分2分の1を等分するので 各6分の1が相続分になります。 生命保険金等の非課税額 生命保険 死亡保険 の契約者 保険料負担者 が被相続人であり、保険金の受取人が法定相続人であった場合、「みなし財産」とされ、被相続人の財産になり相続税の評価額に加算されます。

8

第1順位 子(または孫) 第2順位 直系尊属(親や祖父母) 第3順位 兄弟姉妹(または甥・姪) 第1順位 子(または孫) 血族相続人のうち、最も優先される人は、被相続人の子です。 1.相続人 配偶者・子/配偶者2分の1 子2分の1 2.相続人 配偶者・両親(被相続人の直系尊属)/配偶者3分の2 両親3分の1 3.相続人 配偶者・兄弟姉妹/配偶者4分の3 兄弟姉妹4分の1 4.相続人 子/法定相続分1 なお、子や両親、兄弟姉妹が複数いる場合は、更にその人数分法定相続分が分割されます。

9

・相続税の基礎控除額 ・生命保険金の非課税限度額 ・死亡退職金の非課税限度額 ・相続税の総額の計算 上記の4つは法定相続人の人数が確定しなければ算定することが出来ません。

13

被相続人の遺言書を偽造・変造・ 破棄・隠匿した者(891条5号) なお891条5号に関しては、「相続人が相続に関する 被相続人の遺言書を破棄又は隠匿した場合において、相続人の右行為が相続に関して不当な利益を目的とするものでなかったときは、 右相続人は、民法891条5号所定の 相続欠格者には当たらないものと解するのが相当である」とした最高裁判例があります(最判平9・1・28) つまり、例えば、被相続人が長男に全財産を譲るという遺言書を作成していた場合、それを知った長男があえて遺言書を隠し、遺言書がなかったものとして兄弟で法定相続分どおりに相続することにしたというようなときは、欠格者にはあたらないものと考えられます。 また、ひ孫 再代襲 、玄孫 再々代襲 と続いていきます。

2

被相続人 に実の子どもがいない場合 …… 2人まで ただし、養子の数を法定相続人の数に含めることで相続税の負担を不当に減少させる結果となると認められる場合、その原因となる養子の数は、含めることはできません。

5

第1順位 被相続人の子ども(子どもが先に亡くなっている場合には孫、曾孫の直系卑属) 第2順位 被相続人の父母(父母が先に亡くなっている場合には祖父母、曾祖父母などの直系尊属) 第3順位 被相続人の兄弟姉妹(兄弟姉妹が亡くなっている場合には甥や姪) なお、被相続人の配偶者には順位はありません。 沖縄 【相続人となる血族が第2順位の場合】 配偶者が3分の2、直系尊属(父母や祖父母)が3分の1 【相続人となる血族が第3順位の場合】 配偶者が4分の3、直系卑属(兄弟姉妹)が4分の1 たとえば、被相続人死亡時に生きている親族が配偶者と子と孫、そして父母であれば、配偶者と子が相続人になり、それぞれの相続分が2分の1ずつとなります。

第1順位 死亡した人の子供 その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属 子供や孫など が相続人となります。 。 。

。 。 。

。 。

8

14

10