共鳴 意味。 「共鳴」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

Small 4 2 : 202—5. 例 [ ] 交互積層法 [ ] および続く鉱物膜の薄膜(およそ38ナノメートル)金センサーへの吸着の間に測定されたSPR曲線。 有機化学における[共役],[共鳴]は,電子が非局在している分子の構造を表す概念です. 以下,厳密でなく,教科書との相違もありますが,基本的な説明をします. 通常の構造式では,共有結合を線分で表します.この線分は,2個の電子が特定の2つの原子の間に存在していることを示します.電子が局在化しているのです. ところが,実在の分子では,個々の電子が分子全体に広がって 非局在化して 存在しています もちろん,分子全体に均一ではなく,存在確率の高いところとほとんどないところがありますが,とにかく,個々の電子が特定の2つの原子の間にだけ存在している訳ではありません. このようなややこしい状況を,通常使用する構造式 これが一番使いやすい.過去100年くらい使ってきた を使って表そうというのが,[共役],[共鳴]の概念です. 分子軌道法を使って,オービタル 電子の存在状態)を3Dグラフィックスで示せば,共役や共鳴なんて必要ないといわれていますが.簡単に紙の上にかけません. まず,共役について 2重結合と単結合が交互に連続している系を[共役系]といいます. たとえば,1,3-ブタジエン,1,3,5-ヘキサトリエンなど. このような系では,2重結合は少し単結合の性質を帯び 結合が少し長くなり ,単結合はいくらか2重結合の性質を持ち 結合が少し短くなり ます.このような状態を[共役している]といいます. 共役という言葉で,電子が非局在化(共役系全体に広がって存在)していることを表しているわけです. 化合物によって,共役系であっても,2重結合と単結合の差がほとんどなくなる 結合交代がないという 場合と,その差が顕著な場合 結合交代が大きい 場合があり,構造式からだけでは,共役系であっても共役しているかどうか判断は困難です. 次に,共鳴について 原子の位置を変えずに電子位置だけを換えた構造式を書きます.これら一つずつを[共鳴構造式]あるいは[極限構造式]といいます. たとえば,カルボニル基の2重結合を形成している電子のうち2個を酸素に移動させて,酸素をマイナス,炭素をプラスにした構造式も[共鳴構造式]の一つです.共鳴構造式は無数にかけます.普通に書いた構造式も極限構造式の一つです. どの共鳴構造式も特定の位置に電子を置いているので,電子が局在化しています. さて,電子が非局在化している実在の分子を表現するために,電子配置の異なる複数の[共鳴構造式]を使用するのが[共鳴]概念です. 実在の構造は,どの共鳴構造式でも表せないが,どの共鳴構造式も実体の性質を少しは表すものであるので,これらをすべて示して共鳴混成体として実体を表します. 共鳴構造式は無数にかけますが,その中からもっともらしい共鳴構造式をいくつか選んでこれらを両頭矢印で結び併せて示したもの全体が,[共鳴混成体]です. 実は,この[もっともらしい共鳴構造式]を選ぶのが大変です.恣意的です さて,共役系は,2重結合と単結合が入れ替わった構造などもっともらしい共鳴構造が容易にかけるので,共鳴の概念で,結合交代が少ないことが説明に利用されます.置換基効果 共鳴効果 は共役系を通して伝わりますし,共役系の構造,反応性の説明にしばしば共鳴が出てくるので,共役と共鳴の使い方がしばしば明確でないと思います. まだまだ,説明がいりますが,とりあえず,[共役]と[共鳴]の違いを理解する入門レベルということで. 共鳴は外からのエネルギーに対して振動をすることです。

16

実現 [ ] クレッチマン配置 共鳴様式で表面プラズモンを励起するため、電子あるいは(通常は可視および赤外光)を使うことができる。 Minh Hiep, Ha; Endo, Tatsuro; Kerman, Kagan; Chikae, Miyuki; Kim, Do-Kyun; Yamamura, Shohei; Takamura, Yuzuru; Tamiya, Eiichi 2007. 小島洋一郎、「」 『電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)』 2004年 124巻 4号 p. Plasmonics 6 3 : 491—506. Locharoenrat, Kitsakorn; Sano, Haruyuki; Mizutani, Goro 2007. ; Yong, Ken-Tye; Roy, Indrajit; Dinh, Xuan-Quyen; Yu, Xia; Luan, Feng 2011. Analytical biochemistry 361 1 : 1—6. Rich, RL; Myszka, DG 2007. 結合定数の測定 [ ] の出力の例 2つのの親和性を決定しなければならない時は、を決定しなければならない。 Zeng, Shuwen; Yu, Xia; Law, Wing-Cheung; Zhang, Yating; Hu, Rui; Dinh, Xuan-Quyen; Ho, Ho-Pui; Yong, Ken-Tye 2012. これらの会合( k a)および解離( k d)速度から、平衡解離定数(結合定数、 K D)を算出することができる。

18

。 。 。

17

13

。 。 。

19

。 。 。

10