急性 アルコール 中毒 症状。 東京消防庁<安全・安心情報><トピックス><他人事ではない「急性アルコール中毒」>

・意識の混濁 ・昏睡 ・血圧の低下 ・呼吸の抑制 ・失禁悪酔い ・顔面や全身のはっきりとした紅潮・灼熱感、発汗 ・動悸 ・呼吸困難 ・胸痛 ・低血圧 ・頭痛 ・不穏 ・めまい ・目のかすみ ・嘔気 ・嘔吐 ・口渇 ・脱力 ・起立性低血圧(急に座ったり立ち上がったりしたときに起こる失神) ・記憶の抜け落ち(ブラックアウト) ・アルコール性低血糖(18時間以上の飢餓状態で大量の飲酒をすると起こる) 程度は個人差があるので危険と判断するには及ばない場合もありますが、異変があらわれたら注意が必要です。 Perez SR, Keijzers G, Steele M, Byrnes J, Scuffham PA 2013. 30 酩酊期 千鳥足になる 何度も同じことをしゃべる 呼吸が速くなる 吐き気・おう吐がおこる 小脳までまひが広がり、運動失調(千鳥足)状態になる 0. 04 爽快期 さわやかな気分になる 皮膚が赤くなる 陽気になる 判断力が少しにぶる 網様体がまひして、理性をつかさどる大脳皮質の活動が低下し、抑えられていた大脳辺縁系(本能や感情をつかさどる)の活動が活発になる 0. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? 1 深まった 2 やや深まった 3 あまり深まらなかった 4 深まらなかった その他 (50文字以内). 6g ワイン グラス1杯 180ml 14% 20. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? 1 わかりやすかった 2 まあまあわかりやすかった 3 ややわかりにくかった 4 わかりにくかった その他 (50文字以内) Q2. 10 ほろ酔い期 ほろ酔い気分になる 手の動きが活発になる 抑制がとれる(理性が失われる) 体温が上がる 脈が速くなる 0. 血中濃度 (%) 酔いの状態 脳への影響 0. ・眠ったまま叩いても揺すっても何をしても起きない時 ・がたがたと身体が震えるなど、強い寒気を感じているか、体温が明らかに下がっている時 ・痙攣しているか、口から泡を吹くなど異常な症状が出ている時 ・呼吸が弱くなっているか、呼吸回数が少ない時 基本的には、「起こして起きるかどうか」「呼吸と体温は正常かどうか」を意識して判断すると良いでしょう。 Emerg Med Australas 25 6 : 527—34. エタノールの血中濃度と酔いの態様 血中アルコール濃度 酩酊度 影響 0. 2g チューハイ 520ml 5% 20.。

11

5

13

。 。

17

。 。

9

。 。

。 。

6

。 。 。

7