日航 ジャンボ機 墜落 事故。 日航機墜落事故(日航ジャンボ機墜落事故)の概要

当時は未だ衛星中継システム SNG:Satellite News Gathering が導入されておらず、フジテレビは墜落現場からヘリコプターに中継電波を飛ばし、ヘリからテレビ局に伝送する「ヘリスター」と呼ばれるシステムを使って伝送した。 これに対して後部圧力隔壁上半部と下半部との間にスプライス・プレートを一枚は さんで接続するという適切と考えられる修正措置がとられることになったが、実際の 修正作業では一枚のスプライス・プレートのかわりに修正指示より幅の狭い一枚のス プライス・プレートと一枚のフィラが用いられ、前述の修正措置とは異なった不適切 な作業となった。

1

(キ) 油圧系統の改修 1985年9月から、ボーイング式747型機の大規模な構造破壊に伴う油圧 系統の機能損失を防ぐために必要な改修方法について、ボーイング社と検討を 始めた。 Bureau of Aircraft Accidents Archives. (歌手) - で『歌謡スペシャル 秋一番!坂本九』 の収録後、友人の元マネージャーの応援として、翌日の事務所開きに出席するため大阪に向かう途中。

14

テレビ番組の終了 [ ] 事故をきっかけとしてJALが協賛していたテレビ番組『』(制作、提供)が3週間放送休止になり 、JALの協賛が終了、ほどなくして番組自体も終了した。 C-130の乗員は横田に到着後、第861の副司令より123便関係のことについてを 布 ( し )かれたという。

16

事故前の不具合 [ ] 事故直前の(昭和60年)2月から本事故までの間、JA8119は客室後部の化粧室ドアの不具合が28件発生し、うち20件は便(伊丹 - グアム線)で発生している。 (ア) 垂直尾翼点検孔へのカバー装着(命令番号AD86-08-2,1986年4 月4日)(*1) 尾部への異常に高い内圧による尾部構造の破壊を防止するため、6ヶ月以内に 垂直尾翼の点検孔にカバーを装着する(A85-133関連)。 機体は東麓を北上し、上空で急な右旋回をしながら、高度22,000フィート 6,700 m から6,000フィート 1,800 m へと降下。

14

そして、前後方向加速度 LNGG が検出されているのは、補助動力装置 APU が破壊され噴出した空気の反作用と考えるのが自然であるとしている。 7km 18時56分ごろ レーダー(千葉県)消失地点 方位302度36マイル 東約9. YOKOTA APPROACH CONTROL(横田管制) - はじめに残っていた音声は、操縦席と客室乗務員とのやり取りだった。 (カ) ドーム型後部圧力隔壁のフェール・セーフ性の再評価(勧告番号A-85-1 38、1985年12月13日) すべての定期運送用航空機のドーム型後部圧力隔壁について、フェール・セー フ基準に適合していることを確認すること。

ボイスレコーダー音声の流出と遺族の生データ開示要求訴訟 [ ] (平成12年)7月ごろには、事故機の CVR: Cockpit Voice Recorder を再録したがに流出した。

18

「日航ジャンボ機墜落、炎上 長野・群馬県境の山中 乗客ら524人絶望か 世界最大の航空機惨事」『上毛新聞 朝刊 』、1985年8月13日、1面。 4—9, 32—35, 36, 42, 44, 48, 50—51. 生存者の救出 [ ] 事故機の残骸 地域防災課長木下英敏によると、 が13日午前6時30分に出発、3時間後の10時30分スゲノ沢づたいの墜落現場に到着。 Pacific Stars And Stripes: p. 乗客 [ ] 国籍別の乗客乗員数 国籍 乗客 乗員 計 488 15 503 6 0 6 4 0 4 3 0 3 3 0 3 2 0 2 1 0 1 1 0 1 1 0 1 合計 509 15 524 123便の座席表。

11

(イ) 油圧系統の設計変更(勧告番号A-85-134、1985年12月5日) 通常与圧されていない尾翼内部に急激な圧力が加わった場合にもボーイング式7 47型機の4系統あるすべての油圧系統が損傷しないように設計変更及び改修を 行うこと。

5

19時30分から『 人間のこえ 日米独ソ兵士たちの遺稿』が始まるが、番組中にニュース速報があり、「羽田発大阪行き日航機 レーダーから消える 日航機には乗客497人が乗っている 運輸省に入った連絡では日航機から 緊急事態が起きたとつたえてきた」(原文)という内容が放送された。 3マイル 南南西2km 04時39分 航空自衛隊救難隊 KV-107ヘリコプター 上空より墜落現場確認 三国山西約3km 扇平山北約1km 南西3km 05時00分 陸上自衛隊 HU-1Bヘリコプター 日の出とともに上空より墜落現場確認 三国山北西約2km 南南東1km以下 05時33分 航空自衛隊 KV-107ヘリコプター 上空より墜落現場確認 三国峠方位340度3km 北北東1km 05時37分 長野県警察 ヘリコプター 上空より墜落現場確認 08時30分 長野県警察 ヘリコプター 墜落現場に機動隊員2名ラペリング降下 09時00分 陸上自衛隊 ヘリコプター 墜落現場に空挺団員降下:陸路で捜索隊到着 陸上からの救難活動の遅れ [ ] 各航空機による墜落場所の測位位置図 地上からは、、、の各県警が墜落現場の捜索にあたった。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

11

(ウ) ドーム型後部圧力隔壁の修理方法の再評価(命令番号AD85-22-12、 1985年10月25日) ボーイング式747型機の後部圧力隔壁の修理が実施されているか否かの点検 及びその結果のボーイング社への報告を要求した。 アメリカからロシアに亡命したあのがポロっと発言した内容 Windowsを提供しているMicrosoftはアメリカ政府に個人情報を提供している! スノーデン氏 そう、 Windowsを普及することによって、アメリカは世界中の情報を入手可能になる。 (キ) ドーム型後部圧力隔壁の修理方法の再評価(勧告番号A-85-139、19 85年12月13日) ドーム型後部圧力隔壁を持つすべての航空機について、隔壁の修理方法を再評 価し、隔壁のフェール・セーフ性を損なっていないことを確認すること。

13