は れ ぱん。 San

下川耿史 『環境史年表 明治・大正編 1868-1926 』310頁 河出書房新社刊 2003年11月30日刊 :• 酵母で発酵させるパンの製法の概要 [ ] 酵母で発酵させるパンの製法の一例は、下記の通りである :• 製法の詳細 [ ] 詳細は「」を参照 パン生地作り [ ] パン生地の作り方としてもっとも単純で古くからあるものは、材料をそのまま一度に混ぜ込んでこねる直捏ね法(ストレート法)であり、現在でも家庭でのパン作りにおいてはこの方法が主流である。 『フィリップ・ビゴのパン : l'amour du pain』 、2005年9月。

9

ホームベイク [ ] ホームベーカリーがなくても家で簡単に焼きたての味が味わえるパン、パート・ベイクド・ブレッド part-baked bread などもあり、半焼き状態で売っていて、オーブンでさらに焼いて食べる。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 パンに関連する および があります。

19

渡邉悟、篠原尚子、金井節子 ほか、「レーズンから分離した天然酵母のパン酵母としての特性」 聖徳栄養短期大学紀要 36, 1-6, 2005-12-20,• 天然酵母表示問題 [ ] 「天然酵母」との言葉に対する統一的な定義は無く、現在の日本では 野生酵母を使用して製作した物品に対して使用されている事が多い。 「中世ヨーロッパ 食の生活史」pp105-106 ブリュノ・ロリウー著 吉田春美訳 原書房 2003年10月4日第1刷• パン Roti kaya (マレーシア、シンガポール、インドネシア) モンゴル [ ]• スティーヴン・L・カプラン、訳 『パンの歴史 : 世界最高のフランスパンを求めて』 、2004年11月。 パン Le pain, 400 g のパン、バゲットとともに最も一般的• 「中世ヨーロッパ 食の生活史」pp56-57 ブリュノ・ロリウー著 吉田春美訳 原書房 2003年10月4日第1刷• 概要 [ ] 製造工程・分類 [ ] パンの典型的な製法は、小麦粉やライ麦粉などの 穀物粉に水などを混ぜて にし、酵母かパン種をパン生地に混ぜ込んで生地を発酵させる事で(の際に生じる二酸化炭素により)パン生地を膨らませ、さらにそれを加熱するというものである。

20

宇田川政喜; 遠藤智子; 加藤綾子; 橋村弘美、日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社、2007年、495頁。 Damper 北アメリカ [ ] は、1492年にコロンブスが到来して以来、次第に()で移住したり、した人々ばかりが極端に増えた地域。

。 。

20

13

。 。

。 。

13