自己 免疫 疾患 と は。 自己免疫疾患に関する調査研究班

Incaprera M, Rindi L, Bazzichi A, Garzelli C 1998. 共同研究グループ 理化学研究所 生命医科学研究センター 免疫シグナル研究チーム チームリーダー 斉藤 隆(さいとう たかし) 上級研究員 今西 貴之(いまにし たかゆき) テクニカルスタッフ 海野 緑(うんの みどり) テクニカルスタッフ(研究当時) 小林 若菜(こばやし わかな) (現 粘膜免疫研究チーム) テクニカルスタッフ 米田 奈津美(よねだ なつみ) 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 教授 審良 静男(あきら しずお) 研究支援 本研究は、日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金基盤研究C「細胞質DNAセンサーによるT細胞の活性化制御機構の解明(研究代表者:今西貴之)」、同基盤研究S「T細胞活性化制御の時空間的構造的解析(研究代表者:斉藤隆)」による支援を受けて行われました。 口の乾燥(ドライマウス) ・ 口が渇く ・ 唾液が出ない ・ 摂食時によく水を飲む ・ 口が渇いて日常会話が続けられない ・ 味がよくわからない ・ 口内が痛む ・ 外出時水筒を持ち歩く・夜間に飲水のために起きる・虫歯が多くなったなど。

(表1) 表1.膠原病の特徴 原因不明の疾患 全身性炎症性疾患 発熱、体重減少、倦怠感、易疲労感などの全身症状 多臓器疾患 皮膚、関節、腎臓、肺、心臓、神経、筋、消化器、眼、血液など 慢性疾患 再燃と寛解を繰り返す 結合組織のフィブリノイド変性 障害臓器の結合組織に病変の主座がある 自己免疫疾患 様々な自己免疫異常が認められる 2.。 【講評】 日本AS(強直性脊椎炎)友の会 副会長 山下 昭治 さん 「明るいなぁ、元気良さそう・・・ひまわりに向かって走っているのかな? ひまわりと走っている子の赤い色は元気の良さなのかな、血液が身体中にみなぎって頑張っていることを表しているのかなぁ・・」などというのが第一印象でした。 臓器特異的自己免疫疾患 血液系:自己免疫性溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、悪性貧血など その他:慢性甲状腺炎、バセドウ病、重症筋無力症、自己免疫性肝炎、インスリン依存型糖尿病など 全身性自己免疫疾患 膠原病、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、多発性筋炎、皮膚筋炎など 自己免疫疾患の多くは女性に多いと言われていますが、この理由は明らかになっていません。

12

Poole BD, Scofield RH, Harley JB, James JA 2006. 特に、EBウイルスの潜伏感染遺伝子抗原のEBNA1 Epstein-Barr virus-encoded nuclear antigen 1 との自己抗原とされているSmとの分子相同性 molecular mimicry も明らかになっており、EBNA1に対して作られた抗体が自己抗原のSmに交叉反応(クロスリアクション)し、のの抗Sm抗体となっていることも示唆されている。 病気の理解(医師、本、患者会で学ぶ) (1)自己免疫疾患である (2)慢性に経過する である (3)病気の勢いに波がある (4)医学の進歩は日進月歩で、新しい治療が開発されている 2. 【講評】 サルコイドーシス友の会 会長 佐藤 公昭 さん 関節リウマチに罹患され、指先に力が入らず、思うように動かすことが難しいはずの手で、とても細やかな作品を制作されています。

9

Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. Lee Nelson 「」 原題名: Your cells Are My Cells( February 2008• 心構え (1)病気と共存する (2)生活を積極的にエンジョイする工夫をする 出来ることは何でもやってみる 人と同じことが出来なくても、他の方法で楽しむ工夫をする (3)同じ病気にかかっているのは自分ひとりではない (4)わるい方へばかり考えない 3. , , , : 関連項目 [ ]• 『』 ナッツ類&豆類 グルタチオンは、3種類の アミノ酸( グルタミン酸、 シスチン、 グリシン)が結合して体内で造られるトリペプチドと呼ばれる物質です。 その他 ・ 唾液腺の腫れと痛み ・ 息切れ ・ 熱が出る ・ 関節痛 ・ 毛が抜ける ・ 肌荒れ ・ 夜間の頻尿 ・ 紫斑 ・ 皮疹 ・ ・ アレルギー ・ 日光過敏 ・ 膣乾燥 性交不快感 など。

10

例えば、免疫性多腺性内分泌不全症(Autoimmune polyendocrinopathycandidiasis-ectodermal dystrophy; APECED は、全身の腺組織に自己免疫反応が起こります。 BCR;B cell receptor(B細胞受容体)、TCR;T cell receptor(T細胞受容体)」 オーストラリアの医学部のマイケル・P・ペンダー(Michael P. Sabbatini A, Bombardieri S, Migliorini P 1993. 目の乾燥(ドライアイ) ・涙が出ない ・目がごろごろする ・目がかゆい ・目が痛い ・目が疲れる ・物がよくみえない ・まぶしい ・目やにがたまる ・悲しい時でも涙が出ないなど。 【講評】 NPO法人IBDネットワーク 副代表理事 秀島 晴美 さん 最初にこの作品を見たときに、この猫の瞳に強く惹かれました。

19

。 。 。

5

。 。

2