テニス ルール。 【初心者必見】点数や反則、テニスルールを簡単に解説!

日本 [ ] 伝来 [ ] 諸説 あり、(明治11年)にアメリカ人教師のリーランドがので紹介説が広く流布されているがこれも確たる証拠はないとされ、いまだ詳らかではない。 サーブアンドボレーヤー Serve and Volleyer サーブを打った後すぐにネット付近に移動してボレーやスマッシュを行うプレーを得意とするプレーヤー。 2018末 世界順位 選手名(国籍)年齢(2018時点) 2017 2016 1位 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)31歳 11位 2位 2位 ラファエル・ナダル(スペイン)31歳 1位 9位 3位 ロジャー・フェデラー(スイス)37歳 2位 16位 4位 アレキサンダー・ズベレフ(ドイツ)21歳 4位 24位 5位 フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)30歳 11位 38位 6位 ケビン・アンダーソン(南アフリカ)32歳 14位 67位 7位 マリン・チリッチ(ユーゴスラビア)30歳 6位 6位 8位 ドミニク・ティエム(オーストリア)25歳 5位 8位 9位 錦織圭(日本島根県松江市)28歳 22位 5位 10位 ジョン・イスナー(アメリカ)33歳 17位 19位 錦織選手は一昨年(2017年)手首の怪我等で順位を大幅に下げましたが、その後リハビリも順調に進み、昨年(2018年)は9位にまで順位を戻してきました。

試合の全体像 テニスの場合、1試合を マッチと呼び、最少単位の ゲームとその次の単位の セットから構成されています。

プレー [ ] グリップ(ラケットの握り方) 主にコンチネンタル、イースタン、ウエスタンの3つの握り方がある。

4

そこで今回はテニス初心者の方に向けて テニスのルールについて、特に点数の入り方や数え方、反則に着目して詳しく解説していきます! 【初心者必見】点数や反則、テニスルールを簡単に解説! テニスルールの基礎をまずは解説!点数はどうやって数えていくの? ネットを挟んで打ち合うテニスでは、 ノーバウンドあるいはワンバウンドのうちに相手コートに球を打ち返すことが求められます。

2

ラフ・オア・スムース rough or smooth 、またはスムース・オア・ラフ smooth or rough かつてのラケットには、飾りガット、あるいは飾り糸と呼ばれる紐が結わえられており、紐が平坦である側が表(スムース)、凹凸がある側が裏(ラフ)と判断される。 アップ・オア・ダウン up or down グリップエンドのマークが正しい向きになっている場合は表(アップ)、上下逆になっている場合は裏(ダウン)と判断される。 (これがテニスのお洒落な所です) 0点:ラブ 1点:フィフティーン(15) 2点:サーティー 30 3点:フォーティー 40 で、 4点: 本来60なのですが 勝敗が決まったのでゲームと呼びます。

9

グラスコート (ウィンブルドン<英>) クレイコート (全仏) ハードコート (全米、全豪) スピード とても速い 遅い 速い バウンド 低い 普通 高い 滑り 滑りやすい 滑りやすい 滑らない 体の負担 小さい 小さい 大きい 有利・不利 サーブ重視の選手にとても有利 ストローク重視の選手にとても有利 サーブ重視の選手に有利 このような点も踏まえて観戦すると、 選手の動きや調子から、形勢が見えてきます。

9

基本的なルールやスコアリング方式はローンテニスと似ている部分もあり、ファイブズ fives 、 Pelota などのから発達した。 特に山岸は1938年のデビス・カップ「アメリカン・ゾーン」決勝でオーストラリアと対戦した時、この年の世界ランキング3位だったを6-0, 3-6, 7-5, 6-4 で破り、(昭和12年)に山岸は世界ランキング9位に入り、(昭和13年)には8位にランクされた。

結局今ピンチなの、チャンスなの? あとどれくらいポイントを取れば勝てるの? 一体いつになったら終わるの? タイブレークて何? 見所はどこなの? そんな貴方に、分かり易くプロテニスのルールと見所をお教えしたいと思います。 その他 [ ] 、テニス・エルボー tennis elbow プレーヤーの技術やラケットが不適当であるために腕に過度の振動が伝わっていることが原因とされるけが。 プレイのスタイル アグレッシブベースライナー Aggressive Baseliner 前に出ることをせず、後方のベースライン付近から強打で攻撃するプレーヤー。

17