後見人 制度。 【はじめての方へ】成年後見制度とは?スッキリわかる3つのポイント|LIFULL介護(旧HOME'S介護)

サポートされる人 : 成年被後見人 または 本人• 信託財産の総額 手数料 1億円以下の部分 1% (3,000万円以下の場合は最低30万円) 1億円超3億円以下の部分 0. 後見監督人等(注2)の選任 必要に応じて家庭裁判所の判断で選任 全件で選任 (注1) 本人以外の方の申立てにより任意後見監督人の選任の審判をするには,本人の同意が必要です。 。 サポートされる人 : 被補助人 または 本人• 項目 施行期日 欠格条項を削除するのみのもの 原則として公布の日 府省令等の整備が必要なもの 原則として公布の日から起算して3月を経過した日 地方公共団体の条例等又はその他関係機関の規則等の整備が必要なもの 原則として公布の日から起算して6月を経過した日 上記により難い場合 個別に定める日 施行日ごとに資格をまとめると下の表のようになります。

補助 ( 判断能力の低下 小 ) では、一つ一つ詳しく見ていきましょう。 被支援者の管理財産 報酬月額 1,000万円以下 2万円 1,000万円以上、5,000万円以下 3〜4万円 5,000万円以上の場合 5〜6万円 なお、報酬金を受け取るには、家庭裁判所に報酬付与の申し立てを定期的に行う必要があります。 家族信託 後見人制度 任意後見人 法定後見人 概要 子どもや孫など信頼できる家族を「受託者」として、財産の管理・運用・処分を託す 判断能力が低下した時に備え「任意後見人」と契約を結び、財産管理や、身の回りの手続きなど、身上管理を代行してもらう 判断能力が低下した人を守るために「法定後見人」に財産管理や、身の回りの手続きなど、身上管理を代行してもらう 財産を管理する人 受託者。

【成年後見人等に対する報酬助成の参考単価】 居住種別 報酬助成額(月額・上限) 施設入居者 1万 8千円 在宅者 2万 8千円 積極的な資産運用ができなくなる 家庭裁判所はあくまで本人の財産の保護という観点から判断を行います。

管理財産額 報酬月額 1000万円以下 2万円 1000万円超 5000万円以下 3万~ 4万円 5000万円超 5万~ 6万円 成年後見人等の後見等事務において、身上監護等に特別困難な事情があった場合には、上記基本報酬額の50パーセントの範囲内で相当額の報酬を付加するものとします。

10

法定後見制度 任意後見制度 制度の概要 本人の判断能力が不十分になった後に,家庭裁判所によって選任された成年後見人等が本人を法律的に支援する制度 本人が十分な判断能力を有する時に,あらかじめ,任意後見人となる方や将来その方に委任する事務(本人の生活,療養看護及び財産管理に関する事務)の内容を定めておき,本人の判断能力が不十分になった後に,任意後見人がこれらの事務を本人に代わって行う制度 申立手続 家庭裁判所に後見等の開始の申立てを行う必要• 本人の判断能力が不十分になった後に,家庭裁判所に対し,任意後見監督人の選任の申立て 申立てをすることができる人 本人,配偶者,四親等内の親族,検察官,市町村長など 本人,配偶者,四親等内の親族,任意後見人となる方(注1) 成年後見人等,任意後見人の権限 制度に応じて,一定の範囲内で代理したり,本人が締結した契約を取り消すことができる。

サポートされる人 : 被保佐人 または 本人• 5-4 次の代まで相続人を指定したい 家族信託には、 「後継ぎ遺贈型受益者連続信託」という、 自身が亡くなったときの相続人と、その次の代相続先も決めることができる制度があります。

13

。 。

16

。 。

9

。 。 。

19

。 。 。

7