国会 図書館 デジタル。 図書館向けデジタル化資料送信サービス(日本国内の図書館員の方へ)|国立国会図書館―National Diet Library

WARP [ ] 「WARP(インターネット資料収集保存事業) 」(旧称:インターネット情報選択的蓄積事業、インターネット資源選択的蓄積実験事業)は、インターネット上の情報を文化資産として保存すること()を目的とする。 国立国会図書館の利用 [ ] 登録利用者カード(一部加工) この節では、一般利用者として国立国会図書館の東京本館を来館利用する場合を中心に述べる。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

7

「」も参照 国立国会図書館サーチ [ ] は、国立国会図書館が提供している検索サービスである。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• サービスの特徴 資料種別 概要 資料リスト(令和3年7月2日時点) Excel(xlsx)形式 TSV形式(ZIP圧縮) 図書 昭和43年までに受け入れた図書、震災・災害関係資料の一部 約56万点 古典籍 明治期以降の貴重書等や清代後期以降の漢籍等 約2万点 雑誌 明治期以降に発行された雑誌(刊行後5年以上経過したもので、商業出版されていないもの) 約1万タイトル(約81万点) 博士論文 平成2~12年度に送付を受けた論文(商業出版されていないもの) 約12万点 脚本 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから寄贈された昭和55年以前の放送脚本(テレビ・ラジオ番組の脚本・台本)の一部 約3千点• 「真理がわれらを自由にする」の句は、羽仁五郎が留学当時、留学先のの図書館の建物に刻まれていたの銘文「 WAHRHEIT WIRD MAN FREI MACHEN(真理は人を自由にする)」に感銘を受け、これをもとに創案した。

15

国立国会図書館 関西館 電子図書館課 研究企画係 〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3 メールアドレス:6ei-tebiki. 52-53) 発行:公職研(電話:03-3230-3701(代表) FAX:03-3230-1170 メールアドレス:hello koshokuken. 同法は米国図書館使節団の強い影響下に誕生したため、国立国会図書館は Library of Congress をモデルとして、議会図書館であると同時に国立図書館(国立中央図書館)の機能も兼ね、国内資料の網羅的収集と整理を目的とした法定納本制度を持つこととされた。 国立国会図書館 日本 日本の地図を表示 施設情報 前身• また、同年11月4日以降は平日のみ時間を限定して一般入場を再開している 理念 [ ] は、その前文で、「国立国会図書館は、真理がわれらを自由にするという確信に立つての誓約する日本の民主化と世界平和とに寄与することを使命としてここに設立される」と、その設立理念を明らかにしている。 所在地 〒100-8924 一丁目10番1号 位置 : JP-1000001 統計・組織情報 蔵書数 4,418万7016点 (2018年(平成30年) 時点) 貸出数 16,771点(図書館間含む) (2018年(平成30年) ) 来館者数 79万1,557人 (2018年(平成30年) ) 年運営費 約186億4,098万円 (2019年(平成31年) ) 館長 職員数 定員888名(2020年(令和2年)4月現在) 公式サイト 備考 統計は東京本館、国会分館、関西館、国際子ども図書館の合計。

4

専門分野 事業主体 建物設計 内の田中誠、大高正人、ほかミド同人18名 延床面積 147,853 m 2 開館 (23年)発足、同年開館。 沿革 [ ] 国会図書館の淵源 国立国会図書館の淵源は、下の各院に置かれていた図書館、図書館、およびに付属していたの3館にある。

19

例外として「」のはこれに関係なく開館 資料の配置と閲覧 [ ] 東京本館は、膨大な資料を管理するため原則としてほとんどの資料を利用者が直接触れられないに配架するをとっている。

5

。 。 。

1

。 。 。

2

。 。

。 。

10