ラスト オブ アス 2 ジョエル 死亡。 【ラストオブアス2】前作でジョエルはワクチンを作るチャンスを潰したからアビーに恨まれるのも当然?(ネタバレ注意)

しかしジョエルは 「もう一度時間を巻き戻せるとしたら・・ また同じことを繰り返しすだろう」 沈黙 エリー「分かっている」 エリー「あの時のことは一生許さない だけど許す努力をしていきたい」 ジョエル「それでいい」 その場を離れるエリー。

14

サンタバーバラ駅 ~ ラトラーズ本拠地 ラトラーズの本拠地のモデルは、ヒルトンのリゾートホテル Hilton Santa Barbara Beachfront Resort と思われるが、ドーム状の屋根が追加されているなど建物の形状などはかなり異なっている。

12

) Q:なぜアビーはエリーを2度も見逃したのか? 1度目である、「アビー達がジョエルを殺した場面で、エリーやトミーを殺さなかったのは詰めが甘すぎる」という意見も見られましたが、 初見時ではとんでもない悪党一味のようにしか見えなかったアビー達も、仲間内で意見がバラバラだったり オーウェンは常に止めさせようとしてくれていました 、アビー本人も父親が殺された出来事を思い出さないとジョエル殺害に踏み切れないくらいには迷いが見受けられました。

酷い私刑で衰え満身創痍のアビー VS 腹部に重症を負っているエリー 今度はエリーを操作してアビーに挑む (この時点で私はアビーに復讐しようなどと言う気持ちは一切ない。 そしてトニーは劇場のホールの外に向かうが 「ゴト!」 トニーが向かった先でいやな音がする! ジェシーとエリーが駆けつけると 「バン!」 一発の銃声が鳴り響き ジェシーの顔面を撃ち抜く。 アビー視点 [ ] シアトルへと戻ってきてしばらくたったアビーはWLFの基地に着いた際、ノラから オーウェンのことを聞き、さらにアイザックから近いうちにセラファイトの島を壊滅する計画を聞く。

書き方悪くてすみません 発売前に公式で発表されていた今回のテーマ「復讐」についてです 批判してる方の大半がアビー自体を、そしてアビー操作が苦痛でストーリーを批判してると思うので 順番を変えるだけで違った評価になっただろうと言う事です 誰だこいつ?状態から始まるアビー視点のストーリー ああ、ジョエルが殺した医者の娘か、と判明していき 今回はアビーがジョエルに復讐する物語?と思わせ トミーやエリー達と争いながら最終的にジョエルを殺す そこからエリー側の復讐スタート という感じです、若干ストーリー変わりますけど アビー編は今回の様に半分も使わず、序盤のチュートリアル的な部分も含んで全体の3分の1とか4分の1程度にすれば主体にし過ぎず解決しそうです.。 「この二人を埋葬しよう」 「うん・・・」 二人はホテルを出る シアトルの病院へ 病院にWLFが集まっていることを知ったエリーは単身向かう。

7

The Last of Us Part II DIGITAL DELUXE EDITION(ダウンロード版)• The Last of Us Part II STANDARD EDITION(パッケージ版)• The Last of Us Part II SPECIAL EDITION(パッケージ版)• エリーは呟く 「なんであの病院から出たの?」 「今話すことなのか?」 「なんで?なんで私が気絶している間に逃げたの?なんで?私だって色々話をしたかったのに!ジョエル嘘をつかないでしょ!」 「嘘なんかじゃない、あいつらは無能だった、他にも同じ免疫者がいると聞いた!何度も行っただろう!こんな話で時間をかけるのか?」 ジョエルが付いた嘘に納得したというよりは、これ以上は何を聞いてもこの答えしか帰ってこないことに絶望をしたのかもしれない。 「なんだ、最近ジョエルと仲が悪いのか」 「別に・・・」 「あいつは、、心配性だんだ」 「もういいって・・」 「挨拶だけじゃなくて話をするだ」 「わかったって・・・」 二人が向かったコテージで待機していたジョエルは少し気まずそうに提案する 「・・・なぁ、エリー・・・。 この決断は客観的に見れば、なんて独りよがりなことをしてくれたんだ、となる訳ですが、 うるせえ!知ったことか!人類! エリーが死ぬなんて認めないし、クソったれな世界でも生きてゆくんだ!二人で! エリーよ!俺がおまえを全力で守ってやる!!! そんな思いでプレイしていたはずなんです。

19

サンタバーバラ編 [ ] 月日が流れ、アビーから見逃されたエリーは、ジェシーとディーナの子供 J. 影響 [ ] 脅迫 本作の発売以降、ノーティードッグとドラッグマン、そしてアビーの声を当てたローラ・ベイリーはインターネットで受けた嫌がらせや殺害予告、トランスジェンダー、同性愛、ユダヤ人へのヘイトを含むコメントの内容を公開し、それに対する自分たちのコメントを発表した。 「The Last of Us Part2 -ラスト・オブ・アス パート2」徹底解説 「今までに体験したことの無いゲーム体験をさせてくれた名作」 はじめに、私個人の感想で言うと「 今までに体験したことの無いゲーム体験」をさせてくれたゲームとなりました。