雇用 保険 被 保険 者 六 十 歳 到達 時 等 賃金 証明 書。 雇用保険被保険者六十歳到達時等賃金証明書

) 25<2E>:定年、移籍出向 31<3A>:事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職 32<3B>:事業所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職 33<3C>:正当な理由のある自己都合退職(3A、3B又は3Dに該当するものを除く) 34<3D>:特定の正当な理由のある自己都合退職(平成29年3月31日までに離職した被保険者期間6月以上12月未満に該当するものに限る。 60歳以上65歳未満の一般被保険者 (短時間労働被保険者を含む) で、 原則として60歳時点に比べて賃金が 75%未満 (旧制度対象者については 85%未満 )に低下した方に給付金を支給する。 ) 40<4D>:正当な理由のない自己都合退職 45<4D>:正当な理由のない自己都合退職(受給資格等決定前に被保険者期間が2ヶ月以上) 50<5E>:被保険者の責めに帰すべき重大な理由による解雇 55<5E>:被保険者の責めに帰すべき重大な理由による解雇(受給資格等決定前に被保険者期間が2ヶ月以上) 13. htm 最高支給限度額は 賃金と給付金をあわせて 339484円 17年度 です(旧制度対象者については 346224円 348117円)未満であること。

13

特殊表示(災害時、一括、巡相、市町村) 0000 下部省略 項目 意味 1. 東京高齢期雇用就業支援センター 60歳からの賃金シミュレーション 附則第26条第1項 社保法 高年齢雇用継続給付金 高年齢雇用継続給付金 3 4 5 6 7 8 9 雇用継続と在労年金 雇用保険数値 社保法 国民年金等の一部を改正する法律の一部改正 第35条 国民年金等の一部を改正する法律の一部を次のように改正する 退職給付会計 郵政 確定拠出年金 日経 「高年齢雇用継続給付受給資格確認票」 高年齢雇用継続給付金の支給があっても年金が一定額支給停止されます. )で ( A )につき相談を受けてこれを審査した場合において、当該申請書等が労働社会保険諸法令に従つて作成されていると認めたときは、厚生労働省令で定めるところにより、その審査した事項及び当該申請書等が労働社会保険諸法令の規定に従つて作成されている旨を、書面に記載して当該書面を当該申請書等に添付し、又は当該申請書等に( B ) することができる。 ただし、 高年齢再就職給付金は、基本手当の支給残日数が 200日以上の方は、 就職日の翌日から 2年経過した日の属する月まで、 100日以上200日未満の方は 1年を経過した日の属する月まで の期間について支給されます。 ) の支給を受けることができるときは、 にかかわらず、 その月の分の当該老齢厚生年金について、 、次の各号に掲げる場合に応じ、それぞれ当該老齢厚生年金につき 同条第1項及び第2項の規定を適用した場合におけるこれらの規定による 支給停止基準額と当該各号に定める額 (その額に 6分の15 を乗じて得た額に当該受給権者に係る標準報酬月額を加えた額が 同法第61条第1項第2号に規定する支給限度額(以下「支給限度額」という。

' <解答> A:他人の作成したもの B:付記 このように、( B )の正答は「付記」となりますが、「摘記」の選択肢に惑わされた受験生が多かったようです。 従って平成17年 8 月1日に改定されています 各月に支払われた賃金額と高年齢雇用継続給付金の合計額が 339484円 (平成17年8月1日以降の金額)を超えるときは、超えた額を減じて支給されます。 1 『高年齢雇用継続基本給付金』 雇用保険(基本手当てなど)を受給していない方を対象 『高年齢雇用継続基本給付金』 被保険者であった期間が通算して5年以上ある被保険者で、 60歳到達後も継続して雇用され、 60歳以後の各月に支払われる賃金が原則として60歳到達時点の賃金月額の75%未満である方が 基本手当(失業したときに支払われる雇用保険の給付金)を受給しないで引き続き雇用されている方を対象とする 平成15年5月1日前に60歳に到達し 要件を満たしていた場合(旧制度対象者については 85%未満) 一般被保険者(短時間労働被保険者及び短時間労働被保険者以外の一般被保険者) 2 『高年齢再就職給付金』雇用保険(基本手当てなど)の受給中に再就職した方を対象 失業給付の基本手当を受給した後、 60歳以後に再就職して、再就職後の各月に支払われる賃金が当該基本手当の基準となった賃金日額を30倍した額の75%未満(旧制度対象者については 85%未満)となった方で、以下の2つの要件を満たした方が対象となります。

20

。 。

12

11

。 。 。

12