大阪 やる夫。 新大阪やる夫物語Ⅱ

上告 [ ] 被告人KA本人は判決前日に「言い渡された刑に服する」と話していたが、KAの弁護人 は「KAの矯正可能性に言及せず、『KAは兄貴分として犯行を主導した』と認定した点には納得できない」と表明し 、10月18日付でへした。

10

実名報道 [ ] 控訴審判決後 [ ] 控訴審判決で主犯格の3被告人にいずれも死刑判決が言い渡された直後の2005年10月20日にから『』2005年10月27日号が発売された。

5

KAの生い立ち [ ] KAは3人姉弟の末っ子として生まれ、KM・HMと比較すれば恵まれた家庭環境で生育したが 、両親は姉2人が女の子だったことから「待望の男の子」だったKAに過度な愛情を注いだ。 1 m地点)で発見されたが、死後変化が高度に進行して多数の蛆(最大約14 - 15 )が付着し、その蚕食により頭部から体幹にかけての軟部組織をほとんど欠き、内部臓器もなくほとんど白骨化した状態で 、その重量は約12. 青木 2012 は「相手が広域暴力団の名前を口にしたことに逆上した」と述べているが 、名古屋地裁 2001 は「被害者AはKMたちから因縁をつけられてビルの一室へ連れ込まれ、一方的に被害を受けたが、その発端においてKMたちを挑発したような事情は認められない」と認定している。 東京地方裁判所民事第38部判決 2016年(平成28年)2月23日 『判例タイムズ』第1429号160頁、『判例時報』第2316号77頁、『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット)文献番号:25535808、平成26年 行ウ 第25805号、『国家賠償請求事件』。

『中日新聞』2001年12月31日朝刊県内版14頁「【愛知県】事件ファイル2001(下) 連続リンチ殺人判決 木曽川・長良川事件 元少年のA KM 被告に死刑 3被告全員を検察側控訴 遺族の強い不満後押し」(中日新聞社 社会部記者・吉枝道生)• 1995年9月12日に大阪地裁から懲役4年 - 8年のに処する判決(求刑:懲役5年 - 10年)を受けた。 山本徹美(ジャーナリスト)「短期集中連載3 大阪・木曽川・長良川連続リンチ殺人事件 四人を虐殺した少年Kの「生い立ち」」『週刊文春』第37巻第28号、文藝春秋、1995年7月20日、 150-153頁、 :。

3府県にまたがって発生し、から第3号事件に指定された本事件は 3府県連続リンチ殺人事件 、 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件 、 木曽川・長良川事件 とも呼ばれる。 被害者2人(C・D)を殺害 [ ] 長良川事件・殺害現場(長良川右岸堤防) 殺害現場: KM・KA・HMたちはC・D両被害者の処置について思案しながら連れ回していたが、(殺害現場となった)長良川右岸堤防手前の付近で犯跡を隠蔽するために2人を殺害することを決意し、1994年10月8日1時ごろに楡俣92番地(長良川右岸堤防) で被害者2人を集団暴行して殺害した (強盗殺人罪)。

『中日新聞』2004年5月13日朝刊第二社会面30頁「知る権利と報道被害 逆転判決 揺れた司法 『少年報道』文春が勝訴 名高裁差し戻し審」(中日新聞社)• com』(第一法規法情報総合データベース)判例体系 ID:28223827、『TKCローライブラリー』文献番号:25504634、平成24年 行ウ 第11号/平成24年 ワ 第1785号、『国家賠償請求事件』。 愛知県へ逃走 [ ] 1994年10月4日 、逃走中の3人は兄貴分であるKAの提案でに乗ってKAの育った松原市へ向かい、同市内のパチンコ店に遊びとカツアゲを目的に入店した。 『中日新聞』2011年3月9日朝刊第一社会面31頁「木曽川・長良川連続リンチ殺人上告審 死刑の適否どう判断 元少年3人あす判決 『生きて償ってほしい』 被告と面会重ねる遺族 会話重ね減軽の思いも」(中日新聞社)• 『中日新聞』2011年2月11日朝刊広域第12版第一社会面33頁「連続リンチ殺人 上告審弁論 『真の謝罪に思えぬ』 遺族 ため息、不信強く」(中日新聞社)• 第一審・名古屋地裁 [ ] 公判の推移 [ ] 1995年5月29日に大阪地裁でKMの初が開かれ、同年6月8日には同地裁で被告人KAの初公判も開かれた。

3

江崎恭平、山本徹美「「長良川リンチ殺人」法廷の真実 この「凶悪少年」が更生できるのか これでも「少年」か!?被害者の父親が怒りの告発」『』第78巻第11号、文藝春秋、2000年9月、 180-195頁、 :。

第一審の実質審理は初公判 - 2000年12月11日までの5年半にわたり計105回行われ 、被告人3人は事件の事実関係については認めたが 、被告人KMは殺意を否認したほか、被告人HMは大阪事件について殺人罪成立を否認した。 「徹底追及 J(の被害者実名)君惨殺 「少年」にわが子を殺されたこの親たちの悲鳴を聞け 長良川リンチ殺人・・」『週刊文春』第39巻第28号、文藝春秋、1997年7月24日、 34-37頁、 :。 その後、1995年5月18日に論告求刑公判で懲役5年 - 10年の不定期刑を求刑され 、1995年7月6日の判決公判で名古屋地裁(裁判長)から懲役4年 - 6年の不定期刑に処する判決を受けた。

12
大阪事件後 [ ] 大阪事件から2日後の1994年10月1日19時ごろ、KMはUと共謀した上で道頓堀一丁目の路上を歩いていた 高校生3人組を恐喝した そのうち3人は長良川事件にも関与 容疑 主犯格3被告人共通 - ・(大阪事件)、・殺人罪(木曽川事件)、・(長良川事件)• 青木 2012 は「KMは養母から手の甲にたばこの火を押し付けられるなどを受けて生育した」と述べているが 、名古屋地裁・第一審判決 2001 は「養父母から甘やかさて育てられた」と認定している
公判中の被告人らの態度 [ ] 一方で加害者らが犯行当時少年だったため、事件の被害者遺族たちは事件当初の報道では加害者たちの実名を知ることができず 、公判日程もわからなかった 被害者遺族の動向 [ ] 大阪事件・長良川事件の被害者遺族 [ ] 長良川事件で息子Cを失った夫妻(Cの両親)は事件後、当初は被告人3人 KM・KA・HM の初公判期日すら知らされず 、「被害者遺族が軽視されている」と刑事司法の不備に憤ったこともあった