気象庁 きき くる。 大雨危険度分布の愛称は「キキクル」。気象庁

洪水警報の危険度分布 [ ] 洪水警報の危険度分布( 洪水キキクル)は、大雨による中小河川(水位周知河川及びその他河川)の洪水災害発生の危険度の高まりを地図上で5段階に色分けして示す情報である。 通知サービスの概要 経緯 平成30年度に開催された「」では、 「大雨・洪水警報の危険度分布」の危険度(色)が変わっても、すぐに気づくことができないので使いづらいという課題が指摘され、 「危険度分布」の危険度の高まりが確実に伝わるよう、希望者向けに通知するサービスを開始すべきであるとされました。 高齢者等避難 3相当 注意(注意報級) 3時間先までに注意報基準に到達すると予想 ハザードマップ等により避難行動を確認する。

4

7

— — 通知サービス [ ] 危険度分布について、速やかに避難が必要とされる4に相当する「非常に危険(うす紫)」などへの危険度の高まりをプッシュ型で通知するサービスを、気象庁の協力のもとで、5つの事業者が実施している。 》 非常に危険 1時間先までに警報基準を大きく超過した基準に到達すると予想 周囲の状況を確認し、 各自の判断で、屋内の浸水が及ばない階に移動する。 大雨警報 土砂災害 の危険度分布 [ ] 大雨(土砂災害)の危険度分布( 土砂キキクル)は、大雨による土砂災害発生の危険度の高まりを地図上で1km四方の領域()ごとに、5段階に色分けして示す情報である。

10

原則、先ほどの色に沿って 赤色で 避難準備、 紫色で 避難勧告または 避難指示 緊急 赤色で 高齢者等避難、 紫色で 避難指示が発令されますが、どのタイミングで発表されるかは各市町村の判断によります。 危険度の色と避難行動 色が持つ意味 住民等の行動の例 内閣府のガイドラインで発令の目安とされる避難情報 相当する 極めて危険 すでに土砂災害警戒情報の基準に到達 過去の重大な土砂災害発生時に匹敵する 極めて危険な状況。 では実際にそれぞれのキキクルを見ていきましょう! 土砂キキクル 土砂災害の警戒区域内は要注意です 土砂キキクルでは、 土砂災害 土石流やがけ崩れ、地すべり が起こる危険度を表示してくれます。

4

— — 非常に危険 2時間先までに土砂災害警戒情報の基準に到達すると予想 命に危険が及ぶ土砂災害がいつ発生してもおかしくない 非常に危険な状況。

。 。 。

5

10

。 。