意味 が わかる と 怖い 写真。 よく見ると!?意味がわかると怖い画像・写真・絵まとめ【解説あり】

仕事の後、帰宅して食事を取り、 入浴後睡眠したところまでは憶えているが、 それからの記憶が全く無く、 気が付いたら見知らぬ住宅街の歩道を歩いており、 急に恐ろしくなり、 道端で座り込んで泣いている所を、 近所の人が通報して保護されたとの事。 そして、警察が来るまでの間、 彼女の机やロッカーを調べて 何か手がかりが無いか探そうという事になり、 まずは机を調べたところ、 引出しから一枚の写真が出てきた。

20

コマロフのそんな思いに気づいたガガーリンは、宇宙船に不具合が多数 見られる事、打ち上げを延期するべきである事を ソ連指導部に訴え続けましたが、聞き入れてもらえず、 1967年4月23日、ソユーズ1号はコマロフを乗せて、 宇宙へと飛び立ちました。 住所を確認し、 急いで病院に戻り警察に電話して、 担当の刑事さんに調べて欲しいと訴えたけど、 今回の事については、 室内で争ったり拉致された形跡も無く、 異性との交友トラブルも無い等、 事件性が薄い上に、 あの写真も今回の件との関連性は薄いので難しいとの事。

18

そうこうしている内に警察がやってきたんで 事情を説明し、 社員への軽い事情聴取の後、 (店長の兄はその子の同期で、 結構仲も良かった為に疑われたのか、 聴取が長くて凹んだらしいw) ご両親と社長が署に同行し、 捜索願いを出すことになった。 俺はクラクラしながら部屋を出た 「写真屋さん」は最初、 自分の奥さんと娘さん(何で亡くなったのかは知らないけど)の遺影が ポツリと広い部屋の中にあるのは寂しいだろうという事で 様々な種類の遺影を集めたんだそうだ そのうちに本来の趣旨とは外れていって ただ単に遺影集めに没頭するようになったんだってさ 「写真屋さん」の家から帰る途中、もう一つある事を考えていたっけか 人間なんていつかはあの額縁の中に納まっちゃうのか・・・ってね あれから10年くらい経ったけど、 俺も「写真屋さん」もまだ額縁の中には入っていない それはそれでいいんだけど・・・ 「写真屋さん」のあの部屋ってどうなってるのかな 2年前かな。

まぁ、世の中には色々なマニアがいるものだ そんな事を思ったのと同時に恐怖を感じた事がある あれは俺が小学校高学年の頃だったから今から10年位前かな 近所に「写真屋さん」って呼ばれてる50歳代と思しきオッサンがいたんだ でも、これは親しみを持った呼び名ではなく 軽蔑を込めた呼び方だってのはあとから知るんだけどね ある日、一人でリフティングをやって遊んでいると 「写真屋さん」の家にサッカーボールが転がっていってしまったんだ 特に怖いという印象は無かったから抵抗は無かったんだけど 考えてみれば生まれてから一回も「写真屋さん」の家には入った事が無かったから ちょっと躊躇したんだよね。 高3の夏、明日から夏休みだ! そしてその一週間後には俺の誕生日がある 夏は楽しみが多くて好きだ! 翌日、さてなにをするか、 実際に休みになってみるといまいちすることがない 部屋の掃除でもするか 掃除をしていると、 中学の卒アルを見つけた 掃除をしているときに懐かしい物を見つけると つい見入ってしまうのはなぜだろう そうだ、両親はどんな学生だったんだろう 掃除のことを忘れて、 俺は両親の部屋を物色し始めた クローゼットの奥の方で やっとアルバムを見つけた 昔から両親とも昔の写真を見せたがらないので 今のうちに見てやろう 中学の卒アル、高校、大学、 そして結婚式の写真など色々見ていた その中に一枚ひどい写真を見つけた 母さんが花見をしながらかなり酔ってる写真 指輪してるし順番的にも結婚してからの写真だな まぁ社会人にもなってこんなことしてる写真があったら 見せたくないのも納得だな 次のアルバムからは俺が生まれてからの写真か ん?もぉじき親が帰ってくる 早く片付けて部屋の掃除しちゃお! この時は気付けなかった写真の真実は この2年後に知ることとなる 【解説】 語り手の誕生日は夏、 花見は春。

6

電話の対応をした会社の上司も、 誘拐等の犯罪に巻き込まれたんじゃないかと 不安になったが、 とりあえずご両親に会社に来て頂いて、 そこで話し合って対応を決めようという事に。

16

心霊写真の鑑定もしている占い師や霊能者を選ぶときに「有名な人」や「評判のいい人」で選んでしまう場合が多いですが、 「全然親身になって話を聞いてくれなかった」 「怖いことばかり言われて辛い思いをした」 「どうして写ったのかを知りたかったのに、写った人はこういう人でって話ばかりをされた」 という結果になってしまう場合もあります。 スーパーの前の路肩に車を止め、 降りて確認すると、 時間も遅く閉店してるし、 夜で景色は違うけど、 あの写真のスーパーに間違いない。

3

警察の対応にやや憮然とはしたけど、 やはりあの写真には気になることがあったので、 娘にそれとなく聞いても、 そんな写真は知らないし、 何の事かわからないという。

12

病院に到着した上司と店長の兄が、 病院の待合室に居た母親から話を聞いたところ、 保護された人は娘で、 目立った外傷も無く、 やや衰弱しているだけで意識はハッキリとしているとの事。 最近じゃ俺の町にも新しい人が多くやってきて住んでるから 「写真屋さん」の家の事も 「写真屋さん」っていう呼び名すらも知らない人が増えてきてるんだろうな そんな新規の住人はみんな不思議がってたっけ 何で独り暮らしの老人が建て増しなんかするのか、ってね 俺含めて、古参の住人は何となく分かるけど何も言わないようにしてるよ 意味はわかりましたか? 下記で解説をチェック! 解説 これはなかなかきれいにまとまったお話ですね。

17