介護 認定 基準。 要介護度別の認定基準と負担金額表

サービス利用例 サービスの種類 内容 頻度 訪問介護 ホームヘルパーが自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護や、掃除・洗濯・買い物などの生活支援をする。 区分支給限度支給額・・・要介護1~5、要支援1,2、事業対象者の認定に応じて、 介護保険から給付される1 か月あたりの上限額 初回の介護保険要介護認定の認定期間・認定有効期間 初めて介護保険の認定を受けるための申請をして、介護度の認定が出た場合、有効期間は要介護・要支援状態の継続見込み期間と対応し、原則として 初回の認定有効期間は6か月間です。 通所介護(デイサービス)の場合 頻度 週2回 内容 レクリエーションや昼食、入浴といったサービス 訪問介護の場合 頻度 週3〜4回 内容 家事代行、病院への付き添い、服薬管理など 福祉用具貸与 介護ベッド、車いす、歩行器 など 軽度の要介護者と比べ、デイサービスや訪問介護を利用出来る回数が増えます。

2

要介護 4:90 分以上 ~110 分未満• 自己負担割合 金額 1割負担 1万0,531円 2割負担 2万1,062円 3割負担 3万1,593円 利用できるサービス 要支援2の人は、週3~4回ほどサービスを利用できます。 要支援者 予防給付対象者 の決め方 前項にある区分ごとの基準時間では、 「要支援2」と「要介護1」で被っていました。 要支援・要介護選定のイメージ 参考:厚生労働省「」よりキャプチャ 要支援者の選定は、「 介護の手間」と「 状態の維持・改善可能性」の観点から行われます。

6

要介護度(要支援度)別人口の推移 要介護度(要支援度) 2000年4月末 2010年4月末 2020年3月末(最新) 伸び率 要支援1 29. 一次判定のコンビュータシステムは、訪問調査の項目等ごとに選択肢を設け、調査結果に従い、それぞれのお年寄りを分類してゆき、「1分間タイムスタディ・データ」の中からその心身の状況が最も近いお年寄りのデータを探しだして、そのデータから要介護認定等基準時間を推計するシステムです。 この方法は樹形モデルと呼ばれるものです。 樹形モデルの簡単なイメージ 中間評価項目の利用: 中間評価項目とは、訪問調査に用いられている調査項目のうち心身の状況に関する73項目について、平成10年度モデル事業で調査対象となった約16万人のデータを用いて、同様の傾向を持つ調査項目ごとに、「第1群 麻痺・拘縮に関連する項目)」、「第2群(移動等に関連する項目)」等の7つのグループにまとめたものです。 このとき個別の調査項目の傾向と73項目全体の傾向との関係の深さに応じて、個別の調査項目の選択肢に対して統計的に得点を付し、7つの中間評価項目ごとにそれぞれのお年寄りの合計得点を算定します。 この中間評価項目得点も、個々の調査項目とともに樹形モデルの分岐項目として、一次判定に用います。これによって、安定した一次判定結果が得られることとなりました。• 要支援1 要介護認定等基準時間が25分以上32分未満又はこれに相当すると認められる状態 要支援2 要介護1 要介護認定等基準時間が32分以上50分未満又はこれに相当すると認められる状態 要介護2 要介護認定等基準時間が50分以上70分未満又はこれに相当すると認められる状態 要介護3 要介護認定等基準時間が70分以上90分未満又はこれに相当すると認められる状態 要介護4 要介護認定等基準時間が90分以上110分未満又はこれに相当すると認められる状態 要介護5 要介護認定等基準時間が110分以上又はこれに相当すると認められる状態 2.正しい介護認定が得られにくいケース 介護認定は、 日常生活で「身体的な介護」と「認知症による介護」がどの程度必要かを評価して介護度を決定します。

サービス利用例 サービスの種類 内容 頻度 訪問型サービス(ホームヘルプサービスなど) ホームヘルパーが自宅を訪問し、掃除・洗濯・買い物などの生活支援をする。 つまり、要介護認定の対象となる高齢者が 「それらの介護保険施設に入所・入院していると仮定した場合」 に提供される介護サービスの時間といってよいでしょう。 「介護に最適な環境で」「プロの職員が」「介護に専念したときに」 要する時間ですから、自宅での実際の介護時間よりはかなり短くなるのです。

区分 心身状態の目安 1 非該当 歩行や起き上がりなどの日常生活上の基本的動作を自分で行うことが可能で、薬の服用、電話の利用などの手段的日常生活動作を行う能力もある状態。 在宅サービスにおける区分別支給限度基準額 2015年8月時点 区分 支給限度基準額(月額/1割負担の場合) 要支援1 500,30円(利用者負担5,003円) 要支援2 104,730円(利用者負担10,473円) 要介護1 166,920円(利用者負担16,692円) 要介護2 196,160円(利用者負担19,616円) 要介護3 269,310円(利用者負担26,913円) 要介護4 308,060円(利用者負担30,806円) 要介護5 360,650円(利用者負担36,065円) 参考: 要介護が高ければ高いほど、支給限度額も高くなります。 。

20

) 複数人部屋(多床室)など 項目 1ヶ月の利用料金 施設サービス費の1割 約25,000円 居住費 約25,200円(840円/日) 食費 約42,000円(1,380円/日) 日常生活費 約10,000円(施設により設定されます。 要介護度 利用限度単位数 要支援1 5,032単位 要支援2 10,531単位 要介護1 16,765単位 要介護2 19,705単位 要介護3 27,048単位 要介護4 30,938単位 要介護5 36,217単位 出典: もし限度を超えて介護サービスを利用した場合、全額が自己負担になるため注意が必要です。

1

サービス利用例 サービスの種類 内容 頻度 訪問介護 ホームヘルパーが自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護や、掃除・洗濯・買い物などの生活支援をする。

3

必要な医療処置 過去2週間以内に「点滴」「酸素療法」「透析」「胃ろう」などの医療処置を 医師の指示により 看護師によって実施されているかどうかで評価します。 では、 1次判定はどのような基準でを決まっているのでしょう。 (図表31) 図表31 要介護状態区分と要介護等基準時間の関係 区分 要介護認定等基準時間 非該当 25分未満 要支援1 25分以上32分未満 要支援2・要介護1 32分以上50分未満 要介護2 50分以上70分未満 要介護3 70分以上90分未満 要介護4 90分以上110分未満 要介護5 110分以上 上記のように要介護認定等基準時間が「32分以上50分未満」の場合に、要支援2または要介護1の対象となります。 自己負担割合 金額 1割負担 1万9,705円 2割負担 3万9,410円 3割負担 5万9,115円 利用できるサービス 要介護2の人は、1日1~2回程度のサービスを利用できます。

要支援度・要介護度の判定基準 判定区分 要介護認定等基準時間と認知症加算の合計 要支援1 25分以上32分未満またはこれに相当する状態 要支援2 32分以上50分未満またはこれに相当する状態 要介護1 32分以上50分未満またはこれに相当する状態 かつ「状態の維持・改善可能性に係る審査判定」でどちらかに該当すると判定された場合• 要介護3 ADL 日常生活動作 、IADL 手段的日常生活動作)の両方について、さらに多くの支援がいるために、 日常のほとんどの場面で何らかの人の手が必要な状態です。 直接生活介助 身体に直接触れて行う入浴、排せつ、食事等の介護等 間接生活介助 衣服等の洗濯、日用品の整理等の日常生活上の世話等 問題行動関連介助 徘徊、不潔行動等の行為に対する探索、後始末等の対応 機能訓練関連行為 えん下訓練の実施、歩行訓練の補助等の身体機能の訓練 及びその補助 医療関連行為 呼吸管理、じょくそう処置の実施等の診療の補助等 要支援 5分野を合計した要介護認定等基準時間が30分未満であって ・要介護認定基準等時間が25分以上または ・間接生活介助、機能訓練関連行為の2分野の要介護認定等基準 時間の合計が10分以上 要介護1 5分野を合計した要介護認定等基準時間が30分以上50分未満 要介護2 5分野を合計した要介護認定等基準時間が50分以上70分未満 要介護3 5分野を合計した要介護認定等基準時間が70分以上90分未満 要介護4 5分野を合計した要介護認定等基準時間が90分以上110分未満 要介護5 5分野を合計した要介護認定等基準時間が110分以上. 要支援 1:25 分以上~ 32 分未満• 要支援1 要介護認定等基準時間が25分以上32分未満又はこれに相当すると認められる状態 要支援2 要介護1 要介護認定等基準時間が32分以上50分未満又はこれに相当すると認められる状態 要介護2 要介護認定等基準時間が50分以上70分未満又はこれに相当すると認められる状態 要介護3 要介護認定等基準時間が70分以上90分未満又はこれに相当すると認められる状態 要介護4 要介護認定等基準時間が90分以上110分未満又はこれに相当すると認められる状態 要介護5 要介護認定等基準時間が110分以上又はこれに相当すると認められる状態 参考: 上記の要介護認定等基準時間から要介護度を判定していきます。

12

障害者控除の対象となる人の範囲(一部抜粋) (1)精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある人 (2)児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医の判定により、知的障害者と判定された人 (3)精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人 (4)身体障害者福祉法の規定により交付を受けた身体障害者手帳に、身体上の障害がある人として記載されている人 (5)精神又は身体に障害のある年齢が満65歳以上の人で、その障害の程度が 1 、 2 又は 4 に掲げる人に準ずるものとして市町村長等や福祉事務所長の認定を受けている人 引用:国税庁「 」 要介護認定を受けた高齢者は(5)に該当する可能性があります。 介護度 必要とされる時間 要支援1 25分~32分未満 要支援2 要介護1 32分~50分未満 要介護2 50分~70分未満 要介護3 70分~90分未満 要介護4 90分~110分未満 要介護5 110分以上 上記のように、要支援の人に必要な介護時間は30分程度。 障害者控除の金額 区分 控除額 障害者 27万円 特別障害者 40万円 同居特別障害者 75万円 要介護4であれば「障害者」あるいは「特別障害者」に該当するケースも多いようです。

8

サービス利用例 サービスの種類 内容 頻度 訪問介護 ホームヘルパーが自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護や、掃除・洗濯・買い物などの生活支援をする。 自己負担割合 金額 1割負担 5,032円 2割負担 1万0,064円 3割負担 1万5,096円 介護保険の自己負担額の割合は、所得に応じて異なります。 介護保険審査会への申し立てと区分変更申請の比較 介護保険審査会への申し立て 区分変更申請 結果が出るまでの期間 数カ月程度 基本的に30日以内 結果が出るまでの要介護度の扱い 一度認定を受けた要介護度でサービスを利用 申請日までさかのぼって区分変更後の要介護度の適用が可能 要介護認定を受けたら介護保険サービスを利用できる ここまでは要介護認定の申請方法や判断基準について説明してきました。

10

。 。 。

17