精密 持続 点滴 注射 加算。 [留意]<通則>

薬剤管理指導料2の「特に安全管理が必要な医薬品(いわゆるハイリスク薬)が投薬ま たは注射されている患者に対して行う場合( 380点)」と薬剤管理指導料3の「その他の患 ウ 抗悪性腫瘍剤として無菌製剤処理加算の対象になる薬剤は、悪性腫瘍等に対して用いる細胞毒性を有する注射剤として独立行政法人医薬品医療機器総合機構法 (平成 14 年法律第 192 号) 第4条第5項第1号の規定に基づき厚生労働大臣が指定した医薬品 [PDF] ・薬剤以外の、医学管理・検査・処置等は、診療報酬点数表の区分番号を付し、 国保・基金の順に区分番号ごとに並び替えました。 ア 乾燥組織培養不活化狂犬病ワクチン イ 組換え沈降B型肝炎ワクチン(酵母由来) ウ 組換え沈降B型肝炎ワクチン(チャイニーズ・ハムスター卵巣細胞由来) エ 肺炎球菌ワクチン オ 髄膜炎菌ワクチン カ 沈降破傷風トキソイド キ ガスえそウマ抗毒素 ク 乾燥ガスえそウマ抗毒素 ゲ 乾燥ジフテリアウマ抗毒素 コ 乾燥破傷風ウマ抗毒素 サ 乾燥はぶウマ抗毒素 シ 乾燥ボツリヌスウマ抗毒素 ス 乾燥まむしウマ抗毒素 2 区分番号「G005」中心静脈注射又は区分番号「G006」植込型カテーテルによる 中心静脈注射の回路より生物学的製剤を注入した場合は、「通則3」の加算を算定できる。

2 ;border-right:4px solid rgba 255,255,255,. 3 精密持続加算 1 「通則4」の精密持続は、自動輸液ポンプを用いて1時間に 30mL 以下の速度で体内(皮下を含む。

19

考察 医療機器管理室が輸液ポンプ、シリンジポンプ を管理し、機器の保守点検を行い、機器 点滴は静脈 中心静脈は一緒に算定できないが抗悪性腫瘍持続注入は一緒に算定できる。 4 外来化学療法加算 1 「通則6」に規定する外来化学療法加算については、入院中の患者以外の悪性腫瘍等の 患者に対して、抗悪性腫瘍剤等による注射の必要性、副作用、用法・用量、その他の留意 点等について文書で説明し同意を得た上で、外来化学療法に係る専用室において、悪性腫 瘍等の治療を目的として抗悪性腫瘍剤等が投与された場合に、投与された薬剤に従い、い ずれかの主たる加算の所定点数を算定する。 同一日に「 1 」に掲げる抗悪性腫瘍剤を注射した場合と「 2 」に掲げる抗悪性腫瘍剤以外の薬剤を注射した場合は併せて算定できない。

16

5 ,only screen and min-device-pixel-ratio:1. 2 併用注意(併用に注意すること) 薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 降圧作用を有する薬剤 カルシウム拮抗剤 精密持続点滴注射加算 算定可能薬剤 セフォタックス 調剤レセプトの書き方 センセファリンシロップ スルピリン ジョサマイシロップ 膣炎 側管 パンスポリン 静注用バッグ 1g 1キット 神岡新奈 レセプト 医療事務試験 ハルトマンD液 ビタミン剤? 1 自動決定事項 次表の項目欄に掲げる事項については、自動決定するための元情報から自動決定に必要な厚生労働省コード等を利用し自 平成30年度(2018 診療報酬・保険点数・診療点数は今日の臨床サポートへ・C153 注入器用注射針加算 1 治療上の必要があって、1型糖尿病若しくは血友病の患者又はこれらの患者に準 ずる状態にある患者に対して処方した場合 200点 2 1以外の場合 130点 注 注 別に厚生労働大臣が定める注射薬の自己 [PDF] ・対象食となっていない食事に対して算定された入院栄養指導料 5 在宅医療 (1)在宅医療の算定に際し、厚生労働省通知を遵守すること。 後発品(加算対象) 薬剤名 影響 降圧作用を有する薬剤 4).本剤の血漿中半減期は非常に短いため、精密持続点滴装置の注射液を新たに はじめまして。

16

- 368 - ウ 他の保険医療機関又は保険薬局から服薬状況、抗悪性腫瘍剤等の副作用等に関する情報が提供された場合には、必要な分析又は評価等を行うこと。 ア 関節リウマチ、クローン病、ベーチェット病、強直性脊椎炎、潰瘍性大腸炎、尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬又は乾癬性紅皮症の患者に対してインフリキシマブ製剤を投与した場合 イ 関節リウマチ、多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎、全身型若年性特発性関節炎又はキャッスルマン病の患者に対してトシリズマブ製剤を投与した場合 ウ 関節リウマチの患者に対してアバタセプト製剤を投与した場合 エ 多発性硬化症の患者に対してナタリズマブ製剤を投与した場合 オ 全身性エリテマトーデスの患者に対してベリムマブ製剤を投与した場合 5 「通則7」に規定するについては、1を届け出た保険医療機関において、入院中の患者以外の悪性腫瘍の患者に対して、1(抗悪性腫瘍剤を注射した場合)を算定する日に、次に掲げる全ての業務を実施した場合に月1回に限り算定する。 > > > > > 注射 通則 通則 1 注射の費用は、第1節及び第2節の各区分の所定点数を合算した点数により算定する。

14

1 自動決定事項 次表の項目欄に掲げる事項については、自動決定するための元情報から自動決定に必要な厚生労働省コード等を利用し自 平成30年度(2018 診療報酬・保険点数・診療点数は今日の臨床サポートへ・C153 注入器用注射針加算 1 治療上の必要があって、1型糖尿病若しくは血友病の患者又はこれらの患者に準 ずる状態にある患者に対して処方した場合 200点 2 1以外の場合 130点 注 注 別に厚生労働大臣が定める注射薬の自己 [PDF] ・対象食となっていない食事に対して算定された入院栄養指導料 5 在宅医療 (1)在宅医療の算定に際し、厚生労働省通知を遵守すること。 0 日本語訳 JCOG 版」に 基づく副作用の重篤度のスケール(Grade)及び関連する血液・生化学的検査の 結果等) (ホ) その他医学・薬学的管理上必要な事項 イ 治療の状況等を共有することを目的に、交付した治療計画等の治療の進捗に関する 文書を他の保険医療機関又は保険薬局の医師又は薬剤師に提示するよう患者に指導を 行うこと。 (イ) 患者に実施しているレジメン (ロ) 当該レジメンの実施状況 (ハ) 患者に投与した抗悪性腫瘍剤等の投与量 (ニ) 主な副作用の発現状況(「有害事象共通用語規準 v5. ただし、胸腔注入、前房注射、副鼻腔注入及び気管支カテーテル薬液注入法については、第2章第9部処置に掲げる所定点数をそれぞれ算定し、これらに係る薬剤料の算定に関しては第2章第5部投薬の区分番号「F200」薬剤の 4 、 5 及び 8 の例による。

6