読書 感想 文 書き方 小学生。 読書感想文の書き方!小学生向け例文で簡単に宿題を終わらせよう

記入した部分 をそのまま書きましょう! 氏名等の書き忘れや段落の変え忘れに注意! これで完成です!! 学年別! ワンランクアップする読書感想文の書き方 【小学校高学年】慣用句や諺を使ってみよう 慣用句も諺も一種の比喩表現です。 それは、 ・悲しみや苦しみを乗り越えるストーリーのもの ・子供の成長を描いた物語 ・ワクワクするような話 などです。

11

【読む前の本に対する印象】 【どんな内容だったか】 【読み終わって、自分がどう思ったか】 【どこに感動したか、もしくは疑問を持ったか】 【印象的だった場面】 【読み終わった後の、本に対する印象】 こうした準備をしておくと、意識して読むことができますし、感想文を書く際にも大きな助けになります。 ・読書感想文で読む本の選び方がわからない ・何を書けばいいのかわからない ・書く内容を整理できない ・文章の構成を作れない ・文章量の調整ができない ・原稿用紙の使い方がわからない ・良い感想文がどのようなものかわからない 読書感想文に取りかかるところから書き終えるまでのあらゆるプロセスで、子どもたちを悩ませる壁が存在していることがわかります。

19

・どんな本や作品を選んだらよいかわからない ・そもそも何を書けばよいかわからない ・あらすじばかりの文章になってしまう ・文章のまとめ方がわからない ・書き始めや、終わり方がわからない このような状態から抜け出すためには、まず感想文を書くまでのプロセスを4つに分解することが必要です。

11

「読書感想文むずかしい?」 「むずかしい…」 「何の本について書くことにしたんだっけ」 「ふしぎ自転車チャリィ」 「ああ。

15

書くときには、 ・この本を選んだ理由 ・本を読んでどんなところがおもしろかったか ・自分が主人公だったらどうするか ・自分の考え などを書くとよいでしょう。 それで書き方ですが、子供が「自分で本の感想を言える」なら、 1、読書感想文にその本を選んだ理由(なくてもOK) 2、本のあらすじ(なくてもOK) 3、特に気になった場面とその理由 4、本を読んでこれからどのように生活に活かしていくか ここら辺を「自分の生活」と重ね合わせて書いていくのがコツです。 思い浮かぶのは、 「何を書いたらいいのかわからない」 「途中で書くことがなくなる」 「そもそも、そんなにたくさん感想がない」 といったあたりでしょうか。

9

メモに残された言葉から、文章を肉付けする 「犬は強いでしょ? 猿は頭が良いでしょ? でもキジは何もできなかった」という会話をしていたなら、次のような文になる: 「犬は、大きな声でワンワン吠えて、鬼をやっつけると思ったし、猿は頭が良くて手先が器用だから、すごく活躍すると思った。 小学1・2年生 2枚(本の前半に1枚、後半に1枚) 小学3〜6年生 3枚(本のページ数を3分割し、最初に1枚、真ん中に1枚、最後に1枚) 中学生・高校生 4枚(本のページ数を4分割し、それぞれ1枚ずつ) 小学1・2年生は800字以内、小学3〜6年生は1200字以内、中高生は2000字以内で読書感想文を書きます。

そしてそんなあなたは、 過去にこんな読書感想文を書いてしまってはいませんか・・・? 読書感想文の悪い例文 ぼくは、「 」という本を読みました。 読書感想文の書き方と構成 「いやいや、 読書感想文は「自己紹介作文です」って どや顔で言われても、やっぱり書き方わかんないし・・・」 と思ったあなた。

17

書くときは、 ・この本を読む前の印象(タイトルからどう思ったかなど) ・読み終わって感じたこと、思ったこと ・いいと思ったところ(感動したところ) ・嫌い、悪いと思ったところ などをうまく構成して書くとよいでしょう。 「長男くんさー、前、「ルドルフとスノーホワイト」凄い面白いって言ってたよね」 「うん!すっごい面白かったよ」 「で、パパにお勧めしてくれたよね」 「うん」 「その時、色々お勧めの理由教えてくれたよね」 「うん、うん」 「そのお勧めの理由って、長男くんが「どこが面白いって感じたか?」ってことだよね?それって感想と同じことじゃない。

9