双極 性 障害 原因。 双極性障害の原因とリスク要因

<具体的な治療戦略> ・過去ではなく現在の人間関係を扱う ・精神内界ではなく対人関係を扱う ・パーソナリティは治療の焦点にはしない *効果 達成感の獲得、社会的孤立の克服、社会への帰属感を回復させ、自分の人生に意義を見出せるようにしていきます。 双極性障害は、精神疾患の中でも 気分障害と分類されている疾患のひとつで、 うつ状態に加え、うつ状態とは対極の 躁状態も現れ、これらを くりかえす、慢性の病気 双極性障害を理解するには、以下の4点を抑える必要があります。

11

入院治療の必要なケースは、 ・日常生活が成りたたない ・暴力など他者を傷つける恐れがある ・自傷、自殺など自身の生命の危険の恐れがある などのケースが考えられます。 ・中学、高校の頃に好調の時期、不調の時期の波があった ・親族にも同様に調子に波がある人がいた ・転職や転居、交友関係で変化に富む ・うつ病と比較して、離婚率や、独身率が高いといった特徴もあります 将来、躁状態が起きる可能性が高い患者のことを「双極スペクトラム」と呼ぶことがあります。

。 治療法 双極性障害の治療法には 「心理療法」 「薬物療法」 「入院治療」 の3つがあります。

19

<うつ病(単極性)に見られる症状> うつ状態 ・不眠 ・食欲不振 ・精神運動焦燥 ・身体的愁訴(頭が重い、など) 2.治療方法の違い~抗うつ剤や内省が効かない うつ病は、抗うつ剤などを用いますが、双極性障害では気分安定剤(リチウムなど)を中心に用いられます。 この記事の医療監修 飯島 慶郎 医師(心療内科、など) 心療内科のみならず、臨床心理士、漢方医、総合診療医でもあり、各分野に精通。

15

【症例:50歳の女性】 ・躁うつ病 ・無気感や罪責感強い ・自殺企図がある うつ病薬が効かず、うつ病や躁病を繰り返し、無動・無言、 退行などヒステリー解離状態。 双極症以外で性的逸脱が見られる病気 双極症以外では、 パーソナリティ障害、 摂食障害などの自己破壊的行動を伴う精神疾患、また自制が困難となる 認知症、 性依存症などで 「性的逸脱」という言葉が使われます。 この記事の執筆者 みき いちたろう 心理カウンセラー(公認心理師) 大阪大学卒 大阪大学大学院修了 日本心理学会会員 など シンクタンクの調査研究ディレクターなどを経て、約20年にわたりカウンセリング、心理臨床にたずさわっています。

de novo 点変異 デノボ点変異 「点変異」とは、遺伝物質DNA、もしくはRNAを構成する「塩基」の配列がほかの「塩基」に置きかわる、突然変異のこと。 。 。

。 。 。

12

。 。 。

8

。 。

15