歯茎 に お でき。 歯茎にできたおでき/フィステルの原因と治療法

フィステルを放置した場合 もしおできができてしまった場合 そのまま放置しておくとどうなるのでしょうか? フィステルの原因である根の先にたまった膿の袋は、 大きくなり、周りの歯の根や根っこのまわりの骨を溶かしてしまいます。 フィステルの痛みについて フィステル自体が、根っこの先に膿が溜まったり、 炎症が起きている場合に、 骨を溶かして 歯茎に膿の逃げ道ができるときに形成されるものです。

7

ヘルペス性口内炎 <治療法> ・抗ウイルス薬、消炎鎮痛薬、抗生剤の投与、うがい薬、トローチの投与 ・ひどい場合には入院し全身管理のもと、点滴、栄養補給 2. その他には ・硬めの歯ブラシが好きで使用している ・強い力でゴシゴシ磨いている ・歯磨き中や歯みがきの後に、歯や歯ぐきに刺激を感じることがある ・歯ブラシの毛先がすぐに開いてしまう(2週間くらい) 例えばこのようなことが思いあたる方は ごしごしと力任せにブラッシングする、磨きすぎの状況 「オーバーブラッシング」になっている可能性がありますので、注意が必要です! オーバーブラッシングでは歯茎を傷つけてしまうのです。 。 帯状疱疹 <治療法> ・抗ウイルス薬、消炎鎮痛薬、抗生剤の投与、うがい薬、トローチの投与 ・ひどい場合には入院し全身管理のもと、点滴、栄養補給 3. 歯茎にオデキのような小さな膨らみが出来ていることはありませんか? 痛みや腫れが無いからと言ってそのままにしてしまっている患者様も少なくありませんが これはいったい何なのでしょうか? これは簡単に言うと 歯茎の中で発生した膿が増えて歯茎の表面を押し出すくらい大きくなっている状態です。

6

。 。

6

。 。 。

。 。 。

19

。 。

18

8

。 。

7

。 。

7

。 。 。

9