ハイポネックス。 ハイポネックス培地

NPKとは、 「 窒素(N)」「 リン酸(P)」「 カリウム(K)」の元素記号を取ったもので、この3つは 肥料の三要素と呼ばれています。 『Orchid Seed Germination Media- A comdendium of formulations』 Aaron J.。 『Niacin biosynthesis in germinating X Laeliocattleya Orchid embryo and young seedling』Amer. 5 g ショ糖 15 g 寒天 7 g バクトトリプトン 0. とここで、使い方をはっきりさせておこうと、思い切ってハイポネックスさんに電話 お答えはこちら 粉は、株を丈夫にしたいとか、根を丈夫にしたいとき 液は、花をすぐ咲かせたいとき だそうです。

こんにちは、くまベアーです 書き上げたブログがアップ直前に消えてしまって ショック 悔しいのでもう一度書きます さて、昨日の続きです。

水耕栽培にも使えるのが特徴 成分 窒素-リン酸-カリウム = 6. Hicks, Orchid Seedbank Project, 2007• 分かりやすく言うと、 「P リン酸 ・N 窒素 ・K カリ 」などの基本となる主要栄養素を補給するのが「 肥料」、 鉄・カルシウム・マンガンなどの微量要素を補給するのが「 活力液」 です。 ハイポネックスの液体は赤色あじさい、アルカリ性、粉は青色あじさい、酸性 と理解したとこで、 急にしおれだした牡丹に肥料を与えたことでさらに粉・液問題が混乱 最初は水やりをすることで解決するかと思っていたのですが、 翌日にはまた元気をなくして、水やりで復活を繰り返していて、 どうやら水だけの問題ではなさそう と気付く。

10

。 。

10

。 。

14

。 。 。

8

。 。 。

2

。 。

。 。

3

。 。