不正 ラバー。 卓球混合ダブルス金メダル獲得!ところで伊藤美誠選手の「表ソフトラバー」って一体何なの…?

」と話しているようです 『Number』2012年11月8日号『<日本卓球の至宝、覚悟の告発> 水谷隼 「世界の卓球界を覆う違法行為を僕は決して許さない」』より この不正ラバー問題の不正行為を告発し、国際大会で以前から、卓球ラケットのラバー部分に「グルー」や「ブースター」と呼ばれる接着剤を使用して打球の反発力を強める不正が公然化していたなか、この接着剤が人体に悪影響があるとして、2008年に国際卓球連盟が全面禁止を命じても、実質的に野放し状態であることを水谷選手は問題視し事態改善がなされるまでの「国際大会ボイコット」を宣言したようです。 〜『Number』2012年11月8日号『<日本卓球の至宝、覚悟の告発> 水谷隼 「世界の卓球界を覆う違法行為を僕は決して許さない」』より ----- 雑誌『Number』で卓球界に巣食う不正行為を告発し、問題提起したのが2012年11月のこと。 〜『Number』2012年11月8日号『<日本卓球の至宝、覚悟の告発> 水谷隼 「世界の卓球界を覆う違法行為を僕は決して許さない」』より ----- この「不正ラバー問題」が改善できない最大の要因は、卓球帝国・中国を中心に世界トップ選手たちが使用をやめないから、とされています。

。 ~『Number』2012年11月8日号『<日本卓球の至宝、覚悟の告発> 水谷隼 「世界の卓球界を覆う違法行為を僕は決して許さない」』より —— 雑誌『Number』で卓球界に巣食う不正行為を告発し、問題提起したのが2012年11月のこと。 【東京五輪2020 卓球混合ダブルス】金メダルを手にする水谷隼と伊藤美誠=東京体育館 撮影日:2021年07月26日 写真提供:産経新聞社 「今まで世界卓球、五輪でメダルをたくさん取ってきたが、銀メダルや銅メダルで、日の丸をてっぺんにあげることができなくて、きょう日本の国旗が一番上にあがり、君が代を聞いているときはアスリートとして誇りに思った最高の瞬間」 ~『産経新聞』2021年7月27日WEB配信記事『水谷「中国超え苦しかった」 金の卓球ペア一問一答』より —— 東京五輪から卓球競技で採用された新種目、混合ダブルスで、水谷隼・伊藤美誠ペアが日本卓球界初の金メダル獲得を果たしました。

9

。 。 。

9

。 。

。 。 。

2

。 。 。

1

5

。 。 。

6

。 。

16

。 。

。 。

18