株式 会社 ピュア 鈴木 貞男。 株式 会社 ピュア 鈴木 貞男

会社概要 商 号 日本ゼネラルフード株式会社 代表者 代表取締役社長 西脇 司 代表取締役副社長 一泉 知由 設立時期 1967年2月16日 資本金 96百万円 従業員数 社員2,148名 パートナー6,111名 合計8,259名(2020年8月現在) 決算期 8月31日 年間売上高 単体38,651百万円(2020年8月期) 事業所 中部地区・関東地区・北陸地区・関西地区を中心に1,067箇所(2020年8月現在) 取引銀行 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・大垣共立銀行・みずほ銀行・瀬戸信用金庫・愛知銀行・十六銀行・名古屋銀行 加盟団体 (一社)日本経済団体連合会、(公社)日本給食サービス協会、 (公社)日本メディカル給食協会、中部経済同友会、名古屋商工会議所 公職歴・褒章歴 1960年 1967年 2月 杉浦貞男が名古屋市守山区小幡西新16番地に日本ゼネラルフード(株)創立 1970年 1976年 12月 ゼネラル物産(株)設立 1979年 7月 金びょうたん新設 1980年 1982年 11月 名古屋市守山区大森四丁目1701番地に本社移転 1986年 6月 ペンギンズキッチン建設 1986年 6月 西脇司が常務取締役に就任 1987年 9月 九州ゼネラルフード(株)を西肥自動車(株)と合併にて設立 1988年 4月 静岡営業所(後に東日本支社、現静岡支社)開設 1990年 1992年 7月 東京支店(後に関東支社、現東京本社)開設 1994年 4月 西脇司が取締役副社長に就任 1994年 12月 スーパー「アロス尾張旭店」オープン 1995年 12月 スクールキッチン工場開設 1996年 4月 スクールキッチン工場にて名古屋市中学校給食受託 2000年 2000年 4月 西日本支社(後に西日本ゼネラルフード(株)に統合、現関西支社)開設 2002年 4月 北陸営業所(現北陸支社)開設 2003年 3月 東日本支社(現静岡支社)開設 2003年 9月 医療食セントラルキッチン開設 2004年 4月 関東支社(現東京本社)開設 2004年 12月 西洋ゼネラルフード(株)を西洋フードシステムズ(株)と合併にて設立 2005年 2月 名古屋市守山区八剣二丁目118番地に本社移転 2005年 10月 星光(株)の全株を取得 2006年 11月 西日本支社を星光(株)に統合し、西日本ゼネラルフード(株)を設立 2007年 6月 浜松支社開設 2007年 9月 三重営業所開設 2008年 4月 ペンギンズキッチンならびに医療食セントラルキッチンを分社し、日本ケータリング(株)設立 2008年 4月 札幌営業所開設 四国営業所開設 2008年 7月 一泉知由が専務取締役に就任 2009年 10月 東北営業所開設 2009年 11月 杉浦貞男が代表取締役会長、西脇司が代表取締役社長に就任 2010年 2010年 3月 西日本ゼネラルフード(株)を吸収分割(一部を除き)、関西支社に組織変更 2010年 3月 東日本支社と浜松支社を統合し、静岡支社に組織変更 2010年 4月 東京本社開設(関東支社を昇格させ組織変更) 2010年 4月 長野営業所開設 2010年 9月 一泉知由が代表取締役副社長に就任 2011年 2月 ダイヤ食品サービス(株)(現 DSフードサービス(株))、名菱興フードサービス(株)(現 メイフード(株))、(株)フーズ菱和(現 (株)フーズ・リョーワ)の全株式を取得 2011年 9月 浜松営業所開設 2012年 2月 熊本営業所開設 2012年 7月 東京リビングサービス(株)の全株式を取得 2013年 1月 ゼネラル物産(株)の社名を日本ゼネラル物産(株)に変更 2013年 2月 中部経済同友会に加入 2013年 5月 日本経済団体連合会(経団連)に入会 2014年 9月 日本ゼネラルサポート(株) 設立 熊本営業所を西日本営業所に改称 福島復興給食センター(株) 設立 2015年 12月 豊山給食センター開設 2016年 3月 日本ゼネラル物産(株)を吸収合併、食品流通本部として統合 2016年 6月 FJリフレ(株)の全株式を取得 2016年 8月 東京リビングサービス(株)を吸収合併、東京リビングサービス事業本部として統合 2016年 11月 杉浦卓が専務取締役に就任 2017年 1月 創業者 杉浦貞男 逝去 2017年 2月 創立50周年を迎える 2018年 5月 名古屋市中区千代田五丁目7番5号 パークヒルズ千代田6F~11Fに本社移転 2018年 12月 持株会社である NGFホールディングス株式会社 設立. 会社概要 株式会社日本自然発酵について 株式会社日本自然発酵は「自然のちから」「発酵のちから」 を 健康のために役立てることを目的に、設立されました。 井上 幸彦(Yukihiko Inoue)経歴 昭和37年 警察庁入庁、京都府警察本部川端警察署 昭和38年 警察庁警備局警備第二課 昭和40年 北海道警察本部警備部警備調査官 昭和41年 外務省アジア局北東アジア課 昭和42年 外務省大臣官房領事移住部領事課 昭和43年 広島県警察本部警備部公安課長 昭和45年 警察庁警備局公安第二課課長補佐 昭和47年 警視庁第六機動隊長 昭和48年 警視庁公安部外事第二課長 昭和49年 警察庁警備局外事課(外務省研修所) 昭和50年 在イタリア日本国大使館一等書記官 昭和53年 警察庁長官官房会計課理事官 昭和55年 警視庁警備部警備第一課長 昭和56年 警視庁警務部人事第一課長 昭和59年 警察庁警備局警備課長 昭和61年 警察庁長官官房会計課長 昭和63年 警視庁警備部長 平成1年 千葉県警察本部長 平成3年 警察庁長官官房長 平成4年 警察庁警務局長 平成6年 警察庁長官官房長、警察庁次長、警視総監(第80代) 平成7年 警視総監(第80代) 鈴木 邦芳(Kuniyoshi Suzuki) 経歴 【学歴】 昭和37年3月 中央大学卒 【経歴】 昭和37年4月 警察庁採用 昭和40年8月 埼玉県警察本部 監察官 昭和41年8月 総理府に出向中央防災会議事務局兼内閣総理大臣官房審議室 昭和43年3月 北海道警察本部防犯部防犯少年課長 昭和44年8月 滋賀県警察本部警務部長 昭和46年8月 愛知県警察本部刑事部捜査第二課長 昭和48年7月 警察庁長官官房総務課課長補佐(広報担当) 昭和50年8月 警視庁総務部広報課長 昭和53年2月 警視庁防犯部防犯総務課長 昭和53年12月 警察庁刑事局捜査第一課理事官(総括) 昭和55年4月 神奈川県警察本部刑事部長 昭和57年2月 警察庁刑事局保安部保安課薬物対策室長 昭和58年2月 大阪府警察本部刑事部長 昭和60年10月 警察大学校教務部長 昭和61年8月 岩手県警察本部長 昭和63年1月 警察庁長官官房総務課長 平成元年8月 警察庁長官官房審議官(刑事局担当) 平成2年4月 警察大学校特別捜査幹部研修所長 平成3年7月 中部管区警察局長 平成4年5月 勇退(退職). ) 代表者 代表取締役社長 森谷 学 本社所在地 〒 104-6222 東京都 中央区 晴海一丁目8番12号 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーZ 22階 電話番号 050-5840-1300 [代表] 設立 1980年 4月 5日 前身の株式会社オーエムエムジー創業 2007年12月19日 楽天グループへ事業を承継し、株式会社オーネット設立 2018年12月28日 楽天株式会社からの全株式譲渡によりポラリス・キャピタル・グループ株式会社の傘下となる 資本金 000000千円 0000現在 主要株主 ONTホールディングス株式会社(ポラリス・キャピタル・グループ株式会社関連会社) 100. 井上 幸彦(Yukihiko Inoue)経歴 昭和37年 警察庁入庁、京都府警察本部川端警察署 昭和38年 警察庁警備局警備第二課 昭和40年 北海道警察本部警備部警備調査官 昭和41年 外務省アジア局北東アジア課 昭和42年 外務省大臣官房領事移住部領事課 昭和43年 広島県警察本部警備部公安課長 昭和45年 警察庁警備局公安第二課課長補佐 昭和47年 警視庁第六機動隊長 昭和48年 警視庁公安部外事第二課長 昭和49年 警察庁警備局外事課(外務省研修所) 昭和50年 在イタリア日本国大使館一等書記官 昭和53年 警察庁長官官房会計課理事官 昭和55年 警視庁警備部警備第一課長 昭和56年 警視庁警務部人事第一課長 昭和59年 警察庁警備局警備課長 昭和61年 警察庁長官官房会計課長 昭和63年 警視庁警備部長 平成1年 千葉県警察本部長 平成3年 警察庁長官官房長 平成4年 警察庁警務局長 平成6年 警察庁長官官房長、警察庁次長、警視総監(第80代) 平成7年 警視総監(第80代) 鈴木 邦芳(Kuniyoshi Suzuki) 経歴 【学歴】 昭和37年3月 中央大学卒 【経歴】 昭和37年4月 警察庁採用 昭和40年8月 埼玉県警察本部 監察官 昭和41年8月 総理府に出向中央防災会議事務局兼内閣総理大臣官房審議室 昭和43年3月 北海道警察本部防犯部防犯少年課長 昭和44年8月 滋賀県警察本部警務部長 昭和46年8月 愛知県警察本部刑事部捜査第二課長 昭和48年7月 警察庁長官官房総務課課長補佐(広報担当) 昭和50年8月 警視庁総務部広報課長 昭和53年2月 警視庁防犯部防犯総務課長 昭和53年12月 警察庁刑事局捜査第一課理事官(総括) 昭和55年4月 神奈川県警察本部刑事部長 昭和57年2月 警察庁刑事局保安部保安課薬物対策室長 昭和58年2月 大阪府警察本部刑事部長 昭和60年10月 警察大学校教務部長 昭和61年8月 岩手県警察本部長 昭和63年1月 警察庁長官官房総務課長 平成元年8月 警察庁長官官房審議官(刑事局担当) 平成2年4月 警察大学校特別捜査幹部研修所長 平成3年7月 中部管区警察局長 平成4年5月 勇退(退職). 会社概要|お酢の通販 日本自然発酵 [おいしいWeb] 仕事内容自体は全然辛くないのですが、一人暮らしでお金持ちの高齢者をおだてて仲良くなって高額の健康食 品を販売したり、店長の嘘ばかりのトークを毎日毎日隣でニコニコしながら聞いて、店長の嘘に同調するような仕事が苦痛で仕方なかったです。

。 。

8

。 。 。

。 。 。

18

12

。 。

9

。 。