ゴールデン カムイ 227。 【ゴールデンカムイネタバレ227話最新話確定速報】宇佐美の凶行の理由が明らかに!|ワンピース呪術廻戦ネタバレ漫画考察

鯉登 「インカラマッはすごいんだぞ、月島~~~、なんでもズバズバ当ててくる」 月島 「何を噛んでるんですか、それ」 鯉登 「魔除けのイケマの根、一本1円20銭だ」 月島 「オイ・・・鯉登少尉から金を巻き上げるのはやめろ」 鯉登 「全然信じておらんな?疑うなら試しにお前も見てもらったらどうだ!」 月島 (プイッ) ここでインカラマッが月島に話しかけます。 宇佐美「親友?いつだって篤四郎さんとの時間を邪魔しやがって」 宇佐美「こいつの親が第二師団の偉い人だから篤四郎さんに目をかけてもらっていたのは、許す!」 宇佐美「こいつが東京の陸軍学校へ行って将校になって篤四郎さんにますます近くなるのも、許す!」 宇佐美「それを今日まで言わずに僕を見下していたのも、まあ…許す!」 許す!と叫ぶたびに、うん、うん、となずく宇佐美。

。 " 『 ゴールデンカムイ』ネタバレ226-227話のまとめ 野田サトル「ゴールデンカムイ」226話より引用 なんていうか今日の野田シェフはまた違う方向のホラーをぶっこんできましたね…チビりそうになりました…。

5

「殺しのための殺しですよ、こいつは間違いなく殺人現場に戻ってくる」 「何度も戻り、自分の殺しを妄想して、自慰行為をするような変態に違いない」 「僕には分かるんです!!」 インカラマッを信じる鯉登と、インカラマッを全く認めない月島 一方その頃、インカラマッや鯉登少尉がいる病院では・・・ 「ない!!ない!!どこにも無いッ!」と何かを探している二階堂。 宇佐美 「札幌の連続殺人犯・・・「物盗り」じゃありませんね」 菊田 「そりゃ貧民窟の娼婦は金も物も持ってねぇからな」 菊田の反応に答えることなく宇佐美は続けます。 まだ読んでない方は早く読んでほしい!!!! — koke koke53130008 ゴールデンカムイ226話 え?ちょっ!何があった? さすがの鶴見さんもびっくりだよ! 愛ゆえの…なの? そして井戸はやっぱそういうことなの?どうなの? しかもあおり文が「さいご」の漢字が最期になってるよ。

11

鶴見 「親友にこんな真似をすると分かっていたら・・・」 宇佐美 「親友ぅぅ?」 宇佐美にとっての智春は決して親友ではなく、鶴見との時間を邪魔する存在だったと、宇佐美は話します。 「愛」ってなんだろね? 月島「オレを手懐けようなんて思うなよ」 え、月島、ちょっと心が揺らいでるの? 手懐けられかけてる? この3人でまた1パーティできちゃったりするの? その他、関連しそうな本。 武田先生 「それは・・・」 鶴見 「「愛」です」 この時、鶴見が思い浮かべるのは、宇佐美、鯉登、月島、そして尾形のことです。

2

。 。

。 。

15

。 。 。

11

。 。 。

。 。 。

2

。 。 。

20