片 頭痛 対処。 片頭痛の原因、対策、予防法とは?

・トリプタン(スマトリプタンなど) ・アセトアミノフェン ・非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs) ・制吐薬(メトクロプラミドなど) ・エルゴタミン また、10分から20分、人によっては1時間近くも続く不快な「前兆」ですが、残念ながら前兆そのものに対する治療法は確立されていません。 ・ しばらく使わないと効果を発揮しない ・ 頭痛を「予防する」ため、発作がおこった時は「発作治療薬」と併用する ことがポイントになります。

14

。 食欲が増す あくびが繰り返し出る やる気が出ない 集中力がなくなる 疲れやすい イライラや怒りっぽくなる 光や音に敏感になる など <前兆> 頭痛が起こる30分~数時間前に、目がチカチカしてギザギザした光が見えたり、(閃輝暗点せんきあんてん)、視野が一部欠けたりする症状が現れます。

12

〇片頭痛を予防する食べ物を積極的に取り入れましょう ビタミンB2 (痛 みの頻度や時間を減らす効果があります) 玄米、胚芽米、牛・豚・鶏レバー、ウナギ、納豆、卵黄、乳製品などに多く含まれます。 <記録する内容> 環境(場所、状況、日時など) 症状(前兆の有無、痛みの時間・強さ、痛み以外の症状) 対処法(服薬、安静など) その他の気になること(生理、ストレス、仕事や家事の多さなど) 自分の片頭痛のパターンを把握できる内容を書いておくことで、いつ痛みが襲ってくるのかという不安も軽減し、引き起こしやすい状況を回避することで発症頻度を少なくすることができます。 ・ 初めて、または人生最悪の頭痛 ・ 突然でてきた「雷に打たれたような頭痛」 ・ 急に悪くなった、または全く今までと違う頭痛 ・ 脳神経学的所見(手足のマヒや顔の異常など)が1時間以上続く ・ 50歳以上で新しく出てきた頭痛 ・ ガンの方、免疫が抑えられている方、妊婦さんに起こった新しい頭痛 ・ 意識障害をともなう頭痛 ・ バルサルバ(息をこらえること)で頭痛発作がでてくる場合 片頭痛の原因は? 片頭痛の発症機序としては諸説ありますが、以下の説が一般的です。

3

精神的なストレスや疲労は特に、三叉神経 さんさしんけい が過 度に刺激されるため、そこから炎症物質が出されて拍動する痛みに つながるとも考えられています。 。 。

15

。 。

20

15

。 。 。

。 。 。

19

11

。 。

20

。 。