法 線 ベクトル。 法線ベクトルの求め方と空間図形への応用

面法線ベクトルの計算 さて、 面法線ベクトルというのは、 「面の向きを表す単位ベクトル」 なわけですが、 もうちょっとひらたい言い方をすると、 「面に垂直で、面の表方向を向いた、長さが1のベクトル」 です。 座標空間に4点A 2,1,0 ,B 1,0,1 ,C 0,1,2 ,D 1,3,7 がある。 d がスムージング角より大きい場合は、 面法線と頂点法線の向きが似ている = 角が丸い ので、そのまま頂点法線を用います。

16

AIなどに興味がある人は、「」とともに「」も読んでみてください! 空間ベクトルの応用 平面・球面の方程式の記事一覧 ・第一回:「」 ・第二回:「」 ・第三回:「」 ・第四回:「今ここです」 ベクトル全体のまとめ記事 <「」> 今回もご覧いただき有難うございました。 ある面のある頂点について、 頂点法線と面法線のなす角度が、 このスムージング角より大きければ、面法線、 小さければ、頂点法線を、 その頂点の頂点法線とします。

16

つまり、面法線ベクトルを決めるには、 ・面の表はどっち? ・面に垂直なベクトルを求めるには? ・ベクトルの長さを1にするには? ということを知る必要があるわけです。 こうして求めた角度 d と、あらかじめ決めておいたスムージング角を比較して、 d がスムージング角より大きい場合、 つまり、 面法線と頂点法線の向きが大きく異なる = 角が鋭い 場合は、頂点法線を無視して面法線を用います。

。 。

13

。 。

3

。 。 。

。 。 。

18