丸井 今井。 札幌丸井三越 | 企業概要

しかし、(平成4年)11月1日に旭川店が旭川駅前から郊外の旭川市春光の国道40号沿いの約1,000台収容駐車場を持つ店舗に移転して売上を伸ばした のを皮切りに(平成16年)にイオン旭川西ショッピングセンター(現・)が開業するなど 大型商業施設の郊外進出が相次いだ影響で旭川市平和通買物公園の1日当たりの平均延べ歩行者通行量が(平成20年)に約13万人と大きく減少した 影響などを受けて売上高は下降の一途をたどり 、(平成17年)6月24日に発表された再建計画の中で当店は基幹3店舗の一つとして新設会社の2代目丸井今井に引継がれ 、約5億円を投資して婦人服、紳士服、化粧品・雑貨など各売り場の改装を行って ファッション重視の都市型百貨店としての性格を強めた がその傾向は変わらず、(平成21年)1月29日に札幌地方裁判所に民事再生法の適用を申請し 同日中に民事再生手続開始決定を受て 経営破綻した 際には、店舗全体の(平成21年)1月期で年間売上高が約83. (昭和44年)10月21日 に函館支店を五稜郭地区の本町に移転し 、(昭和53年)4月に旭川支店を1条通8丁目に移転させ 、(昭和56年)4月に室蘭支店を中島町1丁目に移転させる など繁華街の移動に合せて店舗のスクラップアンドビルドを行ったほか、(昭和49年)9月29日には函館店の増床をし 、札幌本店は1969年(昭和44年)12月に増改築し 、(昭和50年) 9月には大通館を開業 して大幅な増床をはかり、(平成2年)9月には小樽駅前に進出した大型ショッピングセンターに対抗するため小樽支店を再開発ビル内に拡張移転させる など既存の店舗網の強化と再構築に取組み、店舗網の維持拡大を図った。 開店当初はJR釧路駅から延びる北大通 に面した大通館と新館の2館体制で営業して そのかいわいの中核商業施設として 年間売上83億円前後を上げていたものの、その後(平成12年)9月23日に開業したイオン釧路昭和ショッピングセンター(現・) や同年11月30日に増床した釧路サティとその店内へのシネコンの開業 などの郊外の大型店に顧客を奪われる 一方で、中心市街地では(平成12年)2月29日に地場資本の百貨店だったが閉店し 、(平成13年)4月8日にスガイビル内の映画館3軒が閉館して映画館が消え 、(平成14年)2月11日に長崎屋釧路店が閉店する など集客施設の閉鎖が相次ぎ、北大通の空き店舗数が(平成16年)に全店舗の14. 「店舗の存続を基本に再建策をまとめ」 当店の存続を盛り込んだ案を提出した高島屋が 再建支援企業に選ばれる方向で 最終調整に入ったと報じられた ため存続の期待がもたれていたが、不動産や営業権の譲渡を受けて新会社を設立する際の資金提供額で三越伊勢丹ホールディングスが上回っていたためその資金で返済を受ける主力銀行の北海道銀行など大口債権者の同意の取り付けなどの調整が難航して 4月30日に開かれた臨時取締役会で事業譲渡額が高島屋を上回って債権者の理解も得られて再建が確実になるとして当店の存続をしない計画を提出していた三越伊勢丹ホールディングスを経営再建の支援企業に選定したと発表されたため閉店することが決まり 、(平成21年)7月20日に閉店し 、個人得意客や企業向けの外商部門として営業所の設置もされなかった ため、112年の歴史 に完全に終止符を打つ形となった。 9億円 売場面積6,513m 2 に次ぎ、小樽支店が売場面積4,318m 2で売上高13. 店舗跡は閉店後に土地・建物は不動産のによるビックランドプロパティ1が取得して札幌市の不動産会社ゼウスの管理・運営するゼウス・シティ ZEUS CITY が(平成18年)11月23日に開店したが 、約150店を目指したテナントが開業当初でも63店に留まって 初年度に140万人以上の来客で売上75億円を目指した目標 は達成できず 、出店したテナントも業績不振で撤退が相次いで(平成20年)3月に約20店まで減少し 、(平成20年)4月末に開店からわずか1年5か月で閉店した。

そうした状況への対応策として当店は(昭和57年)に再開発準備組合が結成して (昭和63年)にその開発を担う小樽開発が設立し 、ニューギンザ百貨店と旧北海ホテルの跡地を中心として再開発が行って (平成2年)9月にも入居した再開発ビル 売場面積14,500m 2 の中核店舗として売場面積11,500m 2の新店舗を開業させて移転・増床を図った。

この新店舗建設に伴ってその敷地となることになったニューギンザ百貨店が(昭和63年)に閉店し 、新店舗成功のあおりを受けて(平成5年)4月にが 採算の悪化を理由に 86年の歴史に終止符を打ち閉店した ため、当店は小樽で唯一つ残った百貨店として営業することになった。 マルイのシューズ アウトレット - 丸井のクレジットカード [ ] 「」も参照 日本初の「クレジット」 [ ] 丸井を語る上で欠かせないのが、「 赤いカード(初代)・1975年発行)」の存在である。

4

3度目の再建 [ ] 三越伊勢丹ホールディングスは法的整理に入った後も派遣している伊勢丹幹部を引き揚げず 、「システムやカードの導入も進めており、手を引くということにはならない」とし 、民事再生法適用申請と同時に丸井今井側からスポンサー就任要請を行った 際にも同社も「至急検討に入る」との回答していた が半月近く要請受諾を表明せずにいたため 、(平成21年)2月13日に高島屋が文書で当社にスポンサー就任の意向を表明したため 、両社の再建案を比較検討する方針へ転換し 、大手百貨店同士による争奪戦に発展し 、4月15日までに両社が再建案を示して比較して決定することになった。 店舗跡地は(平成17年)11月から専門店街「おたるサンモール・ネオ」 が1階と地下1階で営業していた が(平成21年)3月24日に閉店となり 、同年2月15日に併設されていた小樽グランドホテルも営業終了して 3月3日に札幌地方裁判所小樽支部に自己破産を申し立てて倒産した ため空きビルとなり 、(平成22年)4月12日に小樽開発が破産申請に追い込まれ 、(平成22年)2月に債権者の申立で土地建物の競売開始が決定され 、(平成22年)4月と(平成23年)9月に2回行われた競売にかけられたものの旧小樽開発以外に権利者・地権者が複数いて権利関係が複雑なことなども影響して不調に終わり 、(平成24年)1月6日には1回目の約10分の1の買い受け可能価額約6671万円で3回目の競売を行うと発表する状態に陥り 、空きビル状態が続いている。

5

釧路店 [ ] 丸井今井釧路店 釧路店大通館跡(2019年7月) (平成8年)7月8日に 業績不振に陥っていた釧路市の地場資本の百貨店の株式の大半を取得して買収して10月4日 に当社初の道東地区の百貨店として開店した。

3

今井金商株式会社(旧株式会社今井金物店)(現在の丸井今井より分離合弁後)について 昭和35年(1960年)8月には 釧路支店を新設し、昭和36年(1961年)9月には を、 に社名変更する。 』 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• この新体制発足直後の(平成21年)9月中間決算 2カ月の変則 で売上高15億7300万円で営業利益7100万円で登録免許税などの開業経費を賄えず経常損益と純損益はともに3100万円の赤字となり 、三越伊勢丹ホールディングスの社長が店舗体制の縮小の可能性に言及するほど厳しい再出発となり 、函館を中心とした道南地方の景気は道内でもとりわけ厳しいため函館店の経営の先行きについて厳しい見方がされていた が、その後は黒字転換して(平成24年)3月期で売上高が前期比2. 社 名 株式会社 札幌丸井三越 会社設立 2009年5月29日 事業内容 百貨店業 代表者 代表取締役社長執行役員 神林 謙一 資本金 100百万円 決算期 3月末日 所在地 〒060-0061 札幌市中央区南1条西2丁目 11 電話番号 011(205)1151(大代表) 親会社 株式会社三越伊勢丹ホールディングス(100%) 1673年 三井高利が呉服屋「越後屋」を開業。

44億円で 従業員1人当たりの年間売上高が4,000万円台で札幌本店の約7,000万円や函館店の約6,000万円よりも大幅に低く、売り場面積1m 2当たりの年間売上高が約40万円と札幌本店の約110万円や函館店の約80万円を大幅に下回るなど 収益性が低かったため「一般論からいっても存続は不可能」(大手百貨店幹部)とみられていた ほど低迷していた。 また、1968年(昭和43年)9月には本店の近隣で業績が悪化していた地場資本の百貨店 の事業を当社も出資した新会社株式会社丸ヨ池内に引き継ぐ形で 傘下に入れ 、(昭和48年)には子会社丸井マルサを設立して札幌で の運営に乗り出し 、(平成3年)には小樽店の移転に関連して旧小樽支店跡にできた再開発ビル内にも小樽マルサを開業させる など既存店の周辺の商業集積を高める戦略も同時に展開していた。 。

10

PDF プレスリリース , 株式会社 丸井グループ 広報室, 2016年4月14日 , 2016年4月21日閲覧。 5億円 売場面積3,500m 2 を大きく上回って地域一番店となるなど複数の地域一番店を持ち、その他にも函館支店が売場面積4,979m 2で売上高15. 現在は大通館と一条館、西館、大通別館の4館 を中心に、別棟のまるいリビングハウス や地下街のオーロラタウン の当店地下入り口向かいの道産品セレクトショップ「きたキッチン」 など周辺店舗を展開し、服飾雑貨や道産食品の品ぞろえが豊富とされている。

4

ジュール アン ジュール(jour en jour, アクセサリー)• 5億円 売場面積3,821m 2 とほぼ並んで2番手に付け、室蘭支店が売場面積3,385m 2で売上高10. こうした金融支援に加え、(平成10年)に丸ヨ池内との資本提携を解消し 、(平成11年)にはクレオファイナンスの個人向け優良債権をジャックス(函館)に売却して金融機関への債務弁済に充てたり 、(平成12年)の小樽マルサの閉店 や(平成13年)2月16日に丸井店舗開発が所有する関連会社のマルイストアが核テナントになったショッピングセンター2店 を含むマルイストア全3店(麻生、円山、真駒内)を札幌東急ストアに譲渡して 3月末までに閉店してスーパーマーケット事業から撤退する などといった事業再編も行われたため、(平成14年)11月に旧長崎屋札幌店の建物に札幌本店南館を開設する と同時に本店を改装するなどして(平成15年)3月のを核とする開業に対抗する前向きの投資を行いながら(平成15年)までに債務が約520億円まで圧縮されて再建がいったん軌道に乗りかけたように思われた。 旧 株式会社丸井との関係 [ ] を中心に店舗を擁するの MARUI とは全く関わりが無い。 in The Room(インザルーム) - 専門店。

20